そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

何度目の正直??

冬眠を決め込んだはずが、
鹿島方面でサワラが爆ってる。
木、金爆釣、そして土曜も爆!
・・・初釣りで懲りた2人はNG、
ならば、と、ごぶさたの県内仲間・GっちへかけてみるとななんとOKとな!
おし、これでダメなら本当にあきらめもつくというもの、
うねり上等、波崎は征海丸さんへゴー!

受付ちょうどの5時に到着すると社長カーが同時に到着、
あららけっこう多いな、2号船はほぼ満船、
5号船の左舷前がかろうじて開いていてホッ。
c0006017_21173945.jpg

6時前に出港、外海に出ると、うぬぬ、けっこううねってるな、
まあでも次第におさまるというし・・・用心してトモで座ってやりすごす。

犬吠崎を回ってしばらく行くと準備せよのアナウンス、
おおお、けっこう鳥がいるねえ、いいじゃんいいじゃん!

そろそろと反応みつけつつ移動、「どうぞ!」でスタート!
ミヨシのお立ち台きわで投入、水深は浅いので、すぐに着底、
シャクってシャクってポーズ、シャクってシャクってポーズ、シャク・・・ゴゴン!
うお、一投目からヒットかよ! すんなり上がって、抜き上げ、ゲ-ットオオオオオ!
50cmくらいのサゴシ。いやいやよろし、ようやく会えたねサゴシタン(デジャブ)

それからはもうドトーの入れ食い!フツーに引いてればゴンゴンくるし、
おさまってもちょい移動すればまたバラバラとあちこちでヒットする。
バラしてもすぐまたヒットまたヒットの嵐(^^;
抜き上げ続けたミヨシの甲板はぬるぬる(苦笑)。
転げ落ちるように魚をつかまえてはクーラーに投げ入れました。

釣れ続けるものの、風、うねりはなかなかおさまらず、
小移動時のうねりにやられて、「ドウゾ」の声とともにゲ○。
胴の間の方々、どうもすいませんでしたm(- -)m

かれこれ断続的に2時間くらいつり続けたか?
バラシ含めて30ヒットくらいしたジグはもはやボロボロ(チェンジせず)。
こりゃもう使えないな、と思ったところでリーダー切られてロスト。

めずらしくこの日は、この1回ロストのみですみました。

中盤からお昼にかけてはポツポツ。
でも数はとれてたからみなさんホクホク。Gっちは中盤デブデブのホウボウを連続ゲット!
自分はゲ○ったので終盤波おだやかになってきたころはグッタリでした。
c0006017_21175930.jpg

帰って数えたら25本くらいだったかな?
体高のあるのが数本、1本はなんとか1.5kくらいあるかな?というサゴワラ(?)サイズでした。

まあよし、年末から続いたサワラ騒動も、ようやく幕となりました(^^)

rod:SALTIGA coastal 57S-2/3S
reel:SALTIGA blast4000
line:jigman50Lb+フロロ10号+フロロ50Lb
lure:CS90gイワシ、多治見ジグ80gグリーン、stay100gピンク

photo by Gucci
(でも朝方はどんなジグでも食ってたみたいです)
[PR]
by tshr0905 | 2010-02-09 16:46 | ソルト