そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

5/25初ポイントにて

下記地図上でのよさげなポイントリサーチに出撃。
田んぼの水路をとりあえずやるが、出ず。
キャスト精度悪し。土手釣ってどうすんだ、自分!

そしていよいよ新ポイント。3本の水路が同じポイントで合流しているように
地図にはあったが、30mくらいのズレあり。
まずは東の2本が合流するところから。
ウシガエル激しく鳴くが、魚の反応はない。
さらに下って、西側の水路の合流点。
合流した先は、道路側は護岸されていて、フェンスもある。
水草のある際にジタバグウィードレスを通すと、
かわいらしいガボ音が。だが手元には全く手ごたえが伝わってこない。
フック周りのスカートにアタックしているのか? 
ウィードレスのうえにフッキングレスじゃしょうがないじゃん!
・・・たぶんかなりのミニナマズなんだろう。
もう一度通すと、やはり全くフッキングしないガボ音。
3投目、普通のジタバグ(ダブルフック改)を通すと反応がなくなった。
ラバジやジグヘッドワームででもフォローすりゃよかったか?

でもまあ新ポイントで反応があったのでよしとしよう。
夏には全ポイントでガボの嵐(!)の夢を見つつ。

帰り際、A川が蛇行して県道からすぐ降りられるポイントをのぞく。
チャラ瀬になっていて、トップも引けない。
下見してからだな。

それにしても釣り人と会わない。
もっともこんな田んぼの小川で、しかも夜中に何人も会ったらすごい
アングラーの数! となるな。ちと寂しいが、独占感と開拓者気分は悪くない。
(単に早走りしてるだけだったりして)
[PR]
by tshr0905 | 2005-05-26 14:22 | ナマジー