そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初ポイント探索

11/4
いつものように越谷探索。
いつものように橋のふもとに入ると、対岸に3人先行者あり。
橋の上流で「ばらした〜」の声。おお、いるんだな。
ところがこちらには反応なし。少しして対岸下流側でヒットした模様、
ブラックバスだったらしい。こちらはダメ。で、移動。

もう1本下流の橋。いつもは橋を渡った向こう側のふもとでやっていたが、
今日は手前の橋のふもとに初めて入ってみた。するときちんと「釣り人道」が
できており、目の前には橋脚が。あらら、こんないい場所があったんだ。
灯台もと暗し。
時折り橋脚下の流れのヨレてるところでシーバスらしきライズが起こるが
ルアーには反応させられない。くそう。
さらに下流を見てみると、コイ師のタックル置き去り。
手前は砂地のシャローのようだ。コイがたまにはねる。
さらにクルマで越谷側を下っていくと、大きめの水門発見。
よさげだが反応なし。
橋脚直下をのぞいてみたらコイがルアーくわえて弱っていた。
自分のルアーでコイについているルアーをひっかけようとしたら、
コイが驚いて逃げていってしまった。ラインはつながってなかったのね。

結局深めを探ったときにスレっぽいアタリが1回のみ。
でもよさげなポイントが見つかったので今度もう少し遊べそうだ。
[PR]
by tshr0905 | 2005-11-07 10:53