そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カワハギ&シーバス

1/14(土)東京湾

クラブの例会で、羽田・かみやさんに乗船。
対象魚は忘年会から決めていたカワハギ。
ところがどうにも釣況が悪いようで、
かみやさんも前週で乗合は終了していた。

自分も含め初心者が多いため、とりあえずカワハギはやってみるとして、
おさえに、好調のシーバスジギングもやることに。ホッとひと安心。

7:30出船して1時間、竹岡沖30mくらいのポイント。
ぼちぼち始める。素手でやっていたので手袋をしようと竿を船べりにかけ、
握り直したその時「クンクン」「クンクン」お、なんかかかってる。
トラギスかなんかだろうと思いつつ上げてくると、なんとカワハギ!
あらら、労せずして初カワハギゲット。手のひらサイズの20cmくらい。
c0006017_17345822.jpg

プププ、釣れちゃった。

その後は当然のごとく不発。カワハギらしきアタリ、トラギスっぽいアタリが
数回あったが、どうにも食わせられない。ぬーん。
結局船中オレの1枚と両隣の経験者様の合計3枚のみ。
やっぱシブかったのね。

11時にカワハギを切り上げ、シーバスねらいに。
1時間ほど戻って川崎は扇島シーバース付近。
60gのピンクホロで30-40mくらいの水深ポイントを探る。
落としてシャクり、ストップさせてフォール・・・着底の瞬間グン!
おお、きた。

その後同じパターンで入れ食いモード。
こんなにサッとパターンにはまるなんて、初体験かもしれない。ああ、快感!
数釣りはできたが、サイズは60cm止まり。
ミヨシとトモでは70cmが出た。ビッグサイズはねらうべきポイントで
ねらわないとなかなか釣れないですね。

シーバス時にはそうとうな雨模様になり、降りてみるとかなり体力を消耗した。
帰りの首都高では強い降りの中、何度も「飛んで」しまい、一触即発@四人囃子
でした。おっかねえー。
[PR]
by tshr0905 | 2006-01-17 17:37 | ソルト