そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

東京湾にメガタチ現る

5/28 東京湾
シーバスが一段落して、ルアーもののはざかい期(?)
だった東京湾だが、
従来のタチウオ、昨年フィーバーしたルアーサバが
いよいよ開幕とあって、
早速深川は吉野屋さんへ乗ってきた。

天気は雨とあって予想外に人は少なく、
(それでも総勢20名。前日は2船出たそうだが本日は1艘)
7時に出船。
1時間走って大貫沖?に到着。
こなや丸ほか数船が同じねらいで集まっている。

ここ数日タチウオが上向きのようで、水深も20〜30m、
タナは15mから上なんて状況。
日によってはキャスティングでタチが釣れるなんてこともあるらしい。

群れを追って小移動の繰り返し。
サバ混じりでポツポツ釣れるが、爆発とはいかない。
自分にはなかなかこない。うーん。
と、左舷ミヨシでやっていた方にビッグヒット。
なかなか上がらず、見物のこちらもヤキモキしたが、
上がってきたのはムラサキ色に妖しく光るメガタチ!
伊良湖水道で釣れるという、指5本オーバーの太いやつだ。
これも120cmあったらしい。
俄然勢いづく船上。
が、なかなか続かない。

アタリ数回で午前が過ぎ、焦り出してきたころ、
巻き上げ時水深10mあたりでヒット。
ネクタイサイズだが坊主逃れでホッとひと安心。

その後同じ巻き取り時ににぶい感触。巻いてくるが
なんだか船尾にラインが流れる、
あーあ、オマツリかとフリーにするが、
え、違うらしい。慌てて巻き上げると
隣の人とオマツリしながらギラリと太い魚体が!?
その時点でもその魚はどちらのヒットかわからず、
ままよと上げると、自分のルアーを食っていてホッ。
指5本のメータークラス。
おお、こんな太いの、初めてかもしれない。
しかし、ムラサキがかったメガタチの前には、
これも中型に見えてしまうから、釣り師の業の深いことよ。

その後同サイズをめちゃスレでゲット、
最後に指3〜4本の従来のレギュラーサイズを上げて終了。
お土産のメインと考えていたサバは残念ながらヒットせず。
後半はストップ入れて、完全サバねらいだったのだが。

数は出なかったが、数年ねらっていた
太いタチウオを2本もとれたので
まあよしとしよう。
でも・・・ムラサキに輝くおデブちゃん、いいなあ。
c0006017_2375558.jpg
いちばん太いとこかくしてどうする!
[PR]
by tshr0905 | 2006-05-29 12:44 | ソルト