そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本命より・・・

ここのところ釣り欲減退していたが、
釣果をチェックしているうちに、
この前釣れなかったイナダをムショーに釣りたくなった。
状況的にあぶれはなさそうだし・・・
(そんな確証は絶対ないとわかっているが)
ということで、飛び石を連休にし、24日に小田原は弘美丸さんに乗ってきた。

イナダ好調なので、平日とはいえ金曜だし、ある程度乗るのかな、
と思っていたら、良くない天気に、エサ師はキャンセルだそうな。
う、我々2人かよ・・・、ジギングには不利では・・・、イヤな予感がよぎる。
c0006017_23433082.jpg

ともあれ出船。20分ほどでポイント到着。
エサ船がパラパラと陣取っている。
ミヨシにルアーマンも見える。

水深70-80mのところで40mから下、てな反応の模様。
がんばってシャクリ続けるが、あらら、なかなかアタラナイ。
反応はちゃんとあるのだが、ううむ、やばい。

昼近くになっておとなりにヒット。
ここぞと早巻きすると、付いてきたらしい魚がこちらにもヒット。
「右にならえ釣法」でゲット。おとなりはバラシ。わりいねえ。

少ししてまたおとなりヒット、すかさずこちらもまたかすめ取りヒット(笑)。
おとなりまたバラシ、ありゃりゃ、ごっつぁんです・・・うえ、
こっちもバラシ。くそー、慎重になりすぎて口切れか??

CSやステイなど、ダート系はダメ、アクションおさえ気味のスピードジグや
センターバランス系が当たっている。

時折活性の高い群れが通るようだが、足が速く、タイミングが合わない。
よい反応のために、ジグを140gなんてのにして、すぐ落とせるようにしたが、
なかなかうまくいかない。

しばらくしてしゃくり上げ途中にラインがふけた。おおお、食い上げ!?
合わせるとヒット、慎重に巻いて、ようやく2尾。
2本ともミリオネア300番の両軸タックル。ベイトにしては大きいサイズだけど、
スピニングに比べると巻き上げはつらかった・・・。

昼をすぎるとおとなりにタチウオヒット。指5本のナイスサイズ。
脂のって旨そう。
お土産ねらいに切り替え、ワンピッチで誘う。
少しすると、底から10mくらいでヒット。うお、首振らない、タチウオかなあ(ニヤ)
慎重にネット出してもらうと、あれ、白くて丸い。なんだ??

おおお、ヒラメ! 初めてのヒラメゲット。なんてうれしい外道でしょ。
c0006017_23434553.jpg

45cmの満足サイズ。(帰宅後)

しばらくして終了。ここのとこの釣果は、エサ師がコマセをまくと魚が寄り、
そこにジグを落とすとガンガン釣れたそうな。船長がコマセをまいてくれたが、
ひとりじゃね。

うれしい外道も釣れて、しぶいながらイナダも2本ゲットできて
なんとなくイナダの除霊成功。

ヒラメは刺身と昆布じめて堪能。ヘタながらもエンガワをこそげとって、
これまた美味でした。
c0006017_23435790.jpg

給料日の金曜夕方の首都高は案の定・・・。でもお土産が乗ってるからねえ(笑)。
[PR]
by tshr0905 | 2006-11-26 23:44 | ソルト