そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

相模湾第4章

前回の港で出船停止の憂き目にガマンできず、
翌々日の月曜、急きょ会社を休んで乗合に乗り込んだが、
一日早かった・・・。
最初の流れ藻で40センチペンコちゃんを釣ったがそれまで。
おとなりが70センチシイラを釣ったくらいで、
行けども行けどもやる気のある魚は見つからず玉砕。
(翌日はけっこうよかったみたいです)
こりゃ今年は運が残ってないのか??

翌週は夏休みだったので満を持して客の少なそうな水曜に予約。
奥さんの妊娠出産でしばらくおあずけを食らっていた釣りバカと
勇んで港に着いたが・・・・・・暖かい南風がビュービュー。
なんと今季2度目の港での出船中止。
どうにもたまらず東京湾出港など探ったがどうにもならずに早朝帰宅(ToT)


この、数年に一度あるかないかのキメジフィーバーに
なんとかかすりたいと、家族を説得、土下座して翌々日の金曜に許しをもらう。
もうひとりの釣りバカにメンバーチェンジして(苦笑)、
再び佐島港に乗り込む。

金曜だけに、あらら、土日並みの人数が集まってしまった。
だ、大丈夫か??

船長の説明によると、お、何が何でも釣ると、全員に泳がせ指示。
望むところよ!

ひたすら目指すは沖の瀬。
1時間過ぎて、先にやってる職漁船やら船団が見えてくる。
お、散水してる・・・おお!上がってるじゃん! いきなりボルテージアップ。

左から右に流れるだろうと、右舷ミヨシに陣取った我々、
ところが今回は前から後ろに流れている。
トモのほうからイワシを入れる。
ミヨシの我々は一番最後。
15センチくらいのマイワシを、エサバリにエラ掛けにして
スプールフリーにして投げ込む。
・・・やいなや、鳥の猛襲! すぐに潜らないイワシはアッという間に
鳥の餌食だ。ああ、イワシもったいない。

何度目かの流しで、反対側トモの人にヒット!
こちらにはなかなかチャンスがこない。

んがしばらくして「魚、前に回ったよ!」き、きたか!!
となりの仲間にヒット!やった! こっちのイワシもうまく潜っていたので、
来るか? おおお、逃げてる逃げてる・・・・ま、まだか?
あれ? ・・・ベール閉じてみると、ギャーーーーーーー!
ドラグ大鳴き。か、かかってたんじゃん(苦笑)。
トモ側に走って、どうしよ、動くか?
いや、船から離れてくれた! ラクに寄せるために、
今日は竿をコーラルスター7016にしていたので、
ポンピング1回あたりの巻量が多い感じ。大正解、いいぞ!
足もとに寄ってきて、おお、となりと同じくらいか?
と!やべ、ライン巻いたか??やべーよ!
冷静に竿を前後させて・・・ほどけた、よかったーーーー!
先にアタシのほうから上げさせてもらいます。
船長のネットに・・・イン! 
おしゃー、良型のキメジゲット!
おとなりも無事ゲット。よかったー!
その後も泳がせを続けたが食わず。おまつりも何度か。
今日はトモが釣りやすかったねえ。でも釣れたんだから良し。

結局ゲットはこの1尾(最後のジギングで極小サバゲット)。
帰港して計ると・・・5.7キロ! もう1本も5.6キロと、ほぼ同サイズ。
もう1本欲しかったとこだけど、船中6本だったし、しょうがないやね。
c0006017_12122196.jpg

相洋丸さんHPアルバムより
[PR]
by tshr0905 | 2007-08-28 12:37 | ソルト