そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ククク、ミラクルでさぁー

9/2
産休明けの鼻血出しそうな釣りバカ(笑)仲間が仕立てた
第一稲荷丸に乗船。
東京湾口シイラねらいとなった。
夏以外の釣りではずいぶんお世話になっている稲荷丸だが、
シイラねらいでは初めて。(だいたい、夏の予約は6月下旬には
埋まってしまうし、エサを積んだ相模湾の船に乗ることが多いからね)

トリヤマのキャスティングゲームでは「人間変わる」という船長、
さて、どうなる?

まずは前日黄金サバのボイルがあったというポイント。
小さなボイルが起きるがどうも表層はダメのよう。
反応があるというのでジギングするとポツポツと釣れたが黄金は混じっていない模様。
見切りをつけて移動。

シイラが付いているという定番のポイント。
トップ系には出ず。マヒジャークに替えておりゃおりゃとジャークすると
ググン! なんかシイラっぽくないバイトだが・・・ジャンプ!
おお、東京湾シイラ! でも60cmくらいかな・・・2回目のジャンプで
軽くバラシ。やべ。散っちゃったか?
「バラシ王」の面目躍如(泣)。ま、まあ、これからですし。

何カ所か同様のポイントをたたいていくがどうも芳しくない。
で、南下。トリヤマさがしへ。

しばらく行って湾口で様子を見る。
・・・と、鳥が一直線に飛び急ぐ、ナブラだ!!
つっこんでるぞ!
んがトップには反応せず。1.2投するともう沈んでしまう。
どうもキメジのでかいのが引っ張るナブラのようだ。
なので足も速い。ぷふー、こりゃ一投入魂だな。
キャスティングジグにチェンジして気を入れる。
この緊張感がたまらんね。

鳥の動きを察知するとエンジンフルスロットルで急行。
おおお、稲荷丸ってこんなスピード出るんだ!
臨戦態勢で構える我々。
「おもてーっ!」「右、右っ!」
右へ出直したナブラにキャスト!
うーん、届かないか? とりあえず高速巻きで・・・ガツーーーン!!
ジジジーーーーーッ、きたっ!
ドラグは緩めの設定なので、全然止まらない。こ、これは、デカイのか?
ドラグ鳴らしながらもポンピングで巻いていると、
ようやく止まってきた。さて回収!
右舷から左舷を伝ってトモまで移動、ここでようやく魚体が見えた!
頭が青い・・・カツオ!
水面見えてまた潜ったがもう大丈夫。数分のファイトのち上がったのは
おおお、自己新の3.8キロ!3年くらいぶりの大物更新!
船長、みなさん、ご協力、ありがとうございます。

放心状態でいたが、間隔を置いてまだナブラは立つ。
さ、て、もう1本いくぅ?
鳥を見つつナブラを探すと、ガッと丸い頭の正面がジャンプした!
で、デカイ!・・・なんてひるんでる場合じゃない。
ベールを開けて待っていると・・・右に出た!
キャスト!うひー、いいとこ入った、2秒待って巻いて・・ガツン!
うおっしゃー、ヒットヒット!
2本目だったので、先のよりは軽い感じ。少々余裕持ってファイト。
無事ネットイン。でもこれも3キロ。

完全燃焼。た、たまらん。
その後もナブラを追うが、ますます速くなり、船が着くとすぐ沈んで、の
追いかけっこ。のち、シイラ探しに戻る。

朝のポイントを逆に流して、1本出たらワラワラとペンコちゃんが出た。
いちおう全員ゲット。産休明け氏が執念(?)のカサゴゲット(苦笑)。

ものすごくくっきりとした二色潮
(湾内の汚れた潮と外洋の澄んだ潮がぶつかるとこ)
などを打ちつつ、終了。

それにしても恐るべし今年の強運。
カンパチ4キロ
キメジ5.7キロ
カツオ3.8キロ。
まあ大物というには苦笑ものだが、自分的には十充分のナイスサイズ。
(それに、食べておいしい、てとこもね☆)
キメジの時点で今年の運は尽きたなあ、と思っていたが、またもや・・・。
こ、怖い。交通事故には気をつけよう。
c0006017_13373165.jpg

ドン、ドーン!
[PR]
by tshr0905 | 2007-09-03 16:44 | ソルト