そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ふ、フギング??

外房が騒ぎ出したようで、秋冬シーズン第一陣と、
鹿島のジギングに行ってきた。
カーナビで調べると、さいたまの自宅と鹿島港はほぼ緯度(横線・・・)が同じ、
ならば直線方向でうまく行けないのか? と思ったが、
やはり首都高湾岸から東関東道が最短ルートのようで・・・
2時間くらいで到着、慣れれば相模湾といっしょか・・・。
(でも途中、湾岸習志野を通った時「寒川港は近いな」と実感。鹿島行の半分でした)

5時に到着、本日はイナダジギング2船出船で、
大型船だから思ったより余裕アリ(でもほぼ満船かな)

5;30に出港して「30分くらいかな?」と思いきや、
コンビナートがよく見えるすごい近場。
例の船長の「ぅあいっ!どぅぞーーぅ!」でやる気モードに。

ミヨシ、トモでパラパラ当たり出すが、おろ、こっちはなかなか・・・?
となりでグッチがヒット! おお、カンパチ!!やるなあ、ほしいなカンパチ。

こちらはミヨシ側のレンタルタックルの人とおまつり多発、
PEとアシストフックのからみはどうにもめんどくさい・・・。

いく流し目かになんとかヒット。
その後なかなかはまらず、単発でパラパラ上がる。
小さいがカンパチもゲットしてちょっと満足。
となりでグッチがかかったのを見るや、
ソッコー早巻きでダブルゲット!
「ついてきた魚横取り作戦」成功(爆)
だが続かない。

同じポイントで小移動をくり返すが、どうにも活性が上がらないようで、
全般的にシブイ。ミヨシ、トモのそれぞれ隅をとった人が、
キャストしてはヒット、数をのばしている。
「横引きしてヒットゾーンに長くルアーを通す」てなことか?
となりのレンタルタックルさんが退場(睡眠)されたので
胴の間でもキャストできるように。
すぐ1本ヒットしたが、やはり続かず。うーん。

中盤、着底してすぐヒットらしい重みが。
ジグ以上の重みは感じるが、どうも引かない。ゴミでもひっかけたか?
と、一瞬魚のプルプル感。なんだろ?ヒラメ??
上がってきたのは・・・フグ(笑)。
ジギングでちっちゃいのは釣ったことがあったが、
これは25cm以上ある、それなりのサイズ。
「フグかよー」と苦笑しつつまた落とすと、
ありゃ、同じような感触、またフグ。
着底させて、巻かずに上下させると、また食った(笑)。
ひと流しで4フグゲット。ま、まあいいおみやげだ。

その後もなかなかはまらず。
よさげなヒット、この日唯一3.5kgに締めたドラグを
「チキチキ」と鳴らしたが、ガーーーン、ラインブレイク。
デカかったのか? ビミニで切れたと思いきや、
リーダーはついている、
・・・・! フグにかまれてたのか!
ああもったいない、太いイナダ(推定)がフグにやられた。

船長が「活性低いから食うかもよ」といった、
ベイトタックルでのインチクをやってみた
(ジギングも疲れてきたしね)
と、底でヒット!
・・・・あああ、またフグ(爆)
そしてもう1本フグ。
c0006017_12264614.jpg


計6本フグ。イナダの釣果(13本)はトップの方(63本!)に
遠く及ばなかったが、フグは負けてないだろう。フグ頭(自称)。

最後まで移動が少なく、釣りする時間が長かったのはよかったが、
もうちょい魚のやる気があればなあ。
そしていいサイズが少しは混ざればなあ。
イナダ13本のうち、「イナダです」と言えるのはわずか1本。
あとはワカシに毛の生えたような若人。

ま、まあシーズン始まったばっかだし、これからこれから。

PS.フグは船宿でさばいてもらい、唐揚げとなべで食しました。
唐揚げはもっちりほくほく、なべはとけるようなやわらかさで
美味しかったです。(でもフグ船は乗らないな・・・)
c0006017_1227524.jpg

[PR]
by tshr0905 | 2007-10-15 13:14 | ソルト