そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

弱り目に祟り目?

東も西も美味しい魚の声(!)で騒がしく、
どうしようかと思っていたが、西のトロマグロ(メジサイズだけど)に
照準を合わせて小田原は早川港へゴー!

ミヨシ側はルアーマンが、トモ側にはコマセのエサ師が陣取る。
「港から5分のところ」と言っていたが、ホント、
小田原提灯を模した港のモニュメント(?)を過ぎるとすぐ、
エンジン音が臨戦態勢に入った、おおおお。
鳥がつっこんでる、ハネも見えたらしい。

ルアーマンキャストするが、ヒットせず。
左舷でエサと両刀の人がヒット! が、イナダ。
残念ながらキャスティングでのヒットはそれのみ。
で、ジギングへ。

ひと月くらい前のカツオのときは、基本速巻きだったが、
メジは「メリハリのあるシャクリ」とかとどっかで読んだ。
どうとでも取れる表現だな(苦笑)、とりあえずワンピッチとか
ジャークとかやってみるが、どうにも食ってこない。

エサ釣りでポツリポツリと3キロくらいのが上がる。
いいなあ。
こちらはエンピツサバとメジソウダ(笑)。
中盤、左舷ミヨシで懸命にシャクっていたルアーマンに
見事メジマグロがヒット! ひゃー、たまらんな。
ルアー陣モチベーション上がったが、残念ながらメジはそれのみ。

終盤おみやげ確保とイナダ場に移動。
んが、反応はあるらしいのだが、これがどうにも当たらない。
おいおいおい、アヤシイ雲行き。
左舷でヒットしたので、おすそわけヒットをねらって速巻きストップでヒット。
ありゃ、小さいけどなんとか1本。おとなりにキロオーバーがかかる。
うーん、あんくらい太いの欲しいぞ。
ルアーとっかえひっかえやったがそれまで。
帰港前の最後のメジねらいもスカ。小サバが回ってきてしまい、終了。

エビングであわよくば、と思っていたがウンともスンとも。
特選オキアミを使ってみたが、それよりも小魚系のワームのほうが
よかったかな。
天秤は使わず、いろいろからまないように工夫してみたが、
なんとかからまずにすんだ。あとはワームのチョイスとシャクリ方か。
1度くらいはかけてみたいなあ。

大型クーラーにイナダ(ワカシ・・・)1本(爆)
でも帰りに前夜の別船のおすそわけで満杯。
キンメとサバ!
キンメは刺身と煮付けでおいしくいただきました。
サバはハンバーグ(我が家では「サバーグ」と呼ばれて人気)と
唐揚げでタンノウしました。

とまあ、ここまではいつもの「トホホ釣行」だが、さらに災難。
翌日の月曜、イヌの散歩から帰ると、あれ? 腰が・・・!?
だんだんと痛みが増して、ついにはまともに歩くこともできない。
腰痛再発。なんだかなあ。
[PR]
by tshr0905 | 2007-11-08 10:56 | ソルト