そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

GW

どこへ行こうかアレコレ悩んだが、
基本は乗合なので、船上と道路上での二重渋滞(苦笑)はちょっと・・・
ということで、東京湾でまったりとGWフィッシングにしました。

4日の日曜は唯一の晴れになる、との予報だったが、
海に出てみると、あらら、どんより暗い雲がたちこめている。
これから晴れてくるのを期待していたが・・・。

しばらく南下していくとちらほらと鳥がさわいでいる。
ひとつめの目的のサバか?
ミヨシでヒット! おほ、いい型のサバが上がってる。
こちらもジグを落としてみるが・・・ありゃ、当たらない。
70クラスのシーバスも上がるが、うぬぬ、こちらには来ない。
ま、まあこれからこれから。

反応もなくなってしまったようなので、次なるねらいは
鯛ラバー。
小さな根のまわりをラバージグで静かにねらうが、
うーんアタリもなし。
途中同船のNさんがカレイをヒットさせ、停滞ぎみのラバーたち(?)に
モチベーションを与えたが、ミヨシでサバヒットのみで、それ以降沈黙。
しまいには投入後ラインが船尾に流れたかと思うと
着底前には船首のほうへ・・・なんてわかりやすい二枚潮なんだ??
釣りにならないので移動決定。

最後におさえのシーバスねらい。朝方は反応がなかったが?
橋脚まわりでポツポツ上がる。
ジギングでは50-60台がほとんどの型ぞろい。
1本上がると活性上がるが、バラすとさーーーっと反応がなくなる。
釣ったり、釣れなかったり、バラしたり・・・、
同船したHさん、シーバスジギングはあまりやったことがないとのことだったが、
コンスタントに釣れ続き、2時間ほぼ釣りまくり!降参です。
こちらの仲間が70cmの良型を上げたりと、とりあえずはよかったかな。
自分は釣れるには釣れたが、なんだかはまった感とぼしく、
???と消化不良ぎみ。まあ、いいか・・・。

60クラスを数本持ち帰り、
1本は刺身、1本は昆布締め、残りはサワラのために用意していた
酒粕を使って粕漬けにしてみました。
船長からは「西京漬けがすごい旨い」と聞いたのですが、
ならば粕漬けも・・・・味はどうかな?
[PR]
by tshr0905 | 2008-05-07 11:01 | ソルト