そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 33 )

リベンジならず。。。

金曜にカミさんから許しが出て、急遽土曜にタチウオねらいで
深川吉野屋さんに乗船。
2回ほどタチウオにあぶれているので、なんとかリベンジを果たしたい
思い強し!!

平日の釣果は高低あるものの、ここのところ安定していたが、
前日の金曜はまたイマイチに戻っていた。それが不安要素だったが・・・。

6時の開店に2番手で並び、右舷ミヨシは確保。
左舷にはジギングタックルを3本も揃えるタチマスター(?)も乗っている。
すげえな。

ファミリーらしい初心者4人が最後に乗り込み、7時すぎに出船。
1時間ほど走って、最初は浅場のポイント。
船には20人ほど乗っていたが、うーん、アタリもないよう。
さらに走って50ー60mダナねらい。
川崎の中山丸、新山下の渡辺、浦安吉野屋、入船・・・オールスターキャストだが、
どこもシブそう。
小移動をくり返すが、なかなか活性の高い群れに当たらない。
左舷のマスターがイカゲット。

いよいよ80mダナ。
潮が速く、ラインがかなり後方へ流れてしまう。
ジグを120gまで重くすべきか?
トモのほうでポツ、ポツとアタリ出した。しかし続かない。
右舷では僚友がやっと1尾、アタリも感じないほどささやかなバイトだったらしい。
こちらも気づくとリーダーがささくれている。バイトはあったのか・・・。

フォール中、浅いタナで糸がフケた。予想どおりサバ。ううむ。
僚友イカゲット、30cmくらいの良型。イカでもいい、釣りたい!

灼熱の中、地道にシャクリ続けたが結局サバのみでとうとうお土産へ。
サバフィーバーの中の瀬も反応は薄く、ひと流しが短い。
最後のアナウンスが流れ、惨敗気分でやっていたら、
僚友がデブサバヒット。こちらにもようやくサバ当たり。
後ろではワカシも混じった。1尾はもうちょっとでイナダというサイズ。
おっしゃ!
しかしサバが3尾続いただけで、アタリは遠のいた。
ナブラも立たなかった。
で、終了。

前日から潮に濁りが入ったようで、活性が下がったようだ。
ついてない、というか、前日の釣果を見てパスしたほうがよかったのか。
きびしいのー。
[PR]
by tshr0905 | 2005-08-08 11:29

ジギジギ

昨晩はナマろうと思っていたが、
夏にやられて頭痛がしたのと、ビール飲んでそのまま寝てしまい、
結局十分に睡眠をとってしまったのでした。

先週、先々週と週末は船に乗っていたが、
全然乗り足りない。
というのも貧果だからだ。

娘の幼稚園時代の友だちが来るというので、
(人数多いから送り迎えもできないし、家にもいられないしという理由で)
週末は海へ逃げようかと目論んでいる。
おねがい、カーチャン!
[PR]
by tshr0905 | 2005-08-05 12:44

シイラ例会

クラブの例会で、シイラねらいに、平塚庄三郎丸に初乗船。
仲間の車に乗せてもらい、快適なドライブ。
朝食に、船宿のカレーライス(600円)を食ったが、出港後しばらくはそれなりに
うねりがあり、ミヨシではけっこうなジャンプをくり返す。
気分がやばくなったので、すかさず胴の間へ逃げて間一髪セーフ。
(過信はいかんすね)

けっこう沖へ走り、流れ藻と潮目でキャストをくり返す。
最初のペンペンの群れで、めずらしくヒット。ペンペンの「ぺ」くらいの
(30cm・・・)シイラキャッチ。まあいいか。

たまにペンペンが浮くくらいで、なかなかシイラは現れない。
最初のビッグチャンス、メーターオーバーが出現。
次々と投げこまれるルアーに、「どれにしようかな」とあっちへこっちへフラフラ。
そこへ、めずらしく自分のルアー(ソフトルアー・・・セコッ)がいい位置へ
ポチャン、ワントゥイッチでパクリ!「おおっ」・・・と間もなくペッと吐き出した。
アワセられず。トホホ。

その後ペンペンにもてあそばれ、2度目のメーターオーバーチャンス(フッキングした
シイラにつられてもう一匹同サイズが出た!)も、あせってミスキャストでジ・エンド。

それにしても庄三郎丸は大型船で、ミヨシの安定感、胴の間の広さなど、快適でした。
さらに、今回エサなしでの初シイラチャレンジ、初めてサイトフィッシングを
したような気がする。(エサに寄ってきたシイラは、適当に投げてもけっこう
食ってしまうので)むずかしいが、釣れれば「釣った!」という気分も強いかな?

この感じを覚えつつ、集まったシイラの群れの中から「ビッグワン」を選んで
食わせる、なーんてことができれば一番いいかも。

昼すぎには、お土産確保と、港のすぐ近くの河口でサバジギング。
イージーかと思いきや、なかなか釣れない。釣れてもここのとこの
大サバにはとても比べようのないチビサバ。
地味にシャクリ続けると、細いながらもタチウオがヒット!
ポツ・・・ポツ・・・くらいのシブイ反応で、1:30終了。

帰りは渋滞で閉口したが、「投げたなあ!」という充実感はあったかな、
的一日でした。
[PR]
by tshr0905 | 2005-08-01 16:30

台風

この台風の影響が、ナマズたちにはどう出るか?
狭い用水路のやつらは流されてしまうのだろうか。
でも多摩川のナマズやコイや小魚も、水が引けば復活する。
台風後、多摩川の支流でおもしろいくらいオイカワやウグイが釣れたことがあった。
逃げた魚のたまり場・・・水草や芦の茂るところ?
ワンド、ストラクチャー・・・、結局いつもと変わりないか。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-26 15:54

船釣り2発

7/23 相模湾
仲間のお誘いで、接待釣りのアシストとして乗船。
ねらうはシイラと、お土産のサバ。
シイラの状況はあまりよくないようで、とりあえずは拓海パヤオでエサつり。
なんとかゲスト4名にヒットし、全員ゲット。メーターオーバーが2本混じった。
よかったよかった。
しかしさらに釣り続けるのもムダになりそうで、漂流物を探す。
この日は潮目もなく、シイラをねらい続けるのもきびしそうだったので、
お土産のサバねらいに変更。葉山沖へ。
ワカシ混じりのサバ大漁。しかもサバは大きくて太く、計量してみると
最大0.9kg(自己記録)、船内では艫で釣れた1.05kg!
JGFA日本記録は1.2kg(マサバ)、気合いを入れてねらったが、
手ごたえのあるファイトを2本くらいバラし、終了。
この日のヒットルアー(サバ)は、圧倒的にブルー。おもしろいくらい
釣果に差が出ました。外道にクサフグ! フォールで食った。

7/25 東京湾
家族が留守の期間をねらって夏休み連チャン釣行。
東京湾でタチウオジギング(&サバ)。
大貫沖にはかなりの船団ができている。好反応も出ているようだが・・・、
なかなかあたらない。他船もポツポツ上がるのみ。
横ふたりがポツポツとつり上げるが、こちらには??こない。
いつもの悪循環、ルアーチェンジをくりかえし、機嫌も悪くなるばかり。
ジギングはじっとガマンでひたすらしゃくるのが、結局最良のようですね。
釣果:タチ1本(指3本・・・)、サバ10本くらい
★外道にホウボウの小さいのがきました。底からけっこう上で食ったので
ビックリ。ここんとこ、なぜか外道づいてる。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-26 11:57

a.se.mo

齢40近くになって、首すじにアセモができた。
汗をかくとピリピリと痛い。
肌の老化現象か??
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-22 12:16

たまナマゲット!?

7/19さいたま

連日の昼間の暑さにナマズも活発にエサを追うか?と期待し、出撃。
ところが夜はほどよいすずしさ。うーむ。

期待の水路へ。外灯もほとんどなく、たまに通る車やバイクの人には
どんな風に見られているのだろう? 明かりが近づくとなるべく
夕涼みの散歩風に、ロッドもなるべく見えないように隠したりして。
不審者そのものでんがな。

水深が下がっているのか? 今まで気づかなかった田んぼからの流れ込みが
今晩は2か所、ジョボジョボと音をたてている。
案の定、その流れ込み下流でヒット。お、フッキングした模様、ひさびさー・・・が、
あらら小さい。30cmもないかな? ライトをつけたり足場を確認している
うちにバラシ。あーあ。やっぱネット持ってるべき?

あとはやる気のなさげな反応が2回のみ。移動。

北越谷まで足を伸ばしてみるが、こちらもダメ。どうやら捨てポイントに
なりそう。

A瀬川の流れ込み+橋がらみのポイントもダメ。
やはりもうちょい下調べが必要だな。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-20 10:54

シーズン開幕

地元でのナマズ釣果もぱっとしないまま、
梅雨明け、そちらはぼちぼちやっていくとして、
シイラ・カツオのソルト夏の陣がいよいよ開幕!

昨夏はシイラ爆釣に運よく当たったが、カツオは
思ったほど数もサイズも獲れなかった。
今年のシイラは昨年同様デカイのがぽつぽつ釣れているようなので、
まあカツオは運にまかせて、きっちりグッドサイズのシイラを
ゲットできるようがんばりましょう!

もうひとつのテーマはタチウオ。ここ数年数・サイズとも
釣った! てな気分を味わえた覚えがない。
伊良湖水道の「メガタチウオ」に挑戦したいのはやまやまだが、
ちょいと遠い…。
東京湾にしても先週からぼちぼち出ているが、サバほどには好調が持続していない。
なんとかいい日に当たりたいものだ。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-19 11:17

7/13さいたま

ここのところすずしく快適な夜。しかしナマ様の活性も下がるばかりでは・・・と
釣行サボり。
これではイカン!と、チェックにゴー。
例の水路。前回とっておいた上流からはじめてみる。
まーーーーっすぐ1kmくらい続く、流れのない水路。
車を停めて下流方向へ釣り下りる。数投目でガボ! が乗らず。
食いが浅いのだろうか?
さらにもう一度、10mほど下流、ダウンへ投げて波紋がおさまるまでステイ・・・
動かした瞬間バイトらしき反応。が、ガボ音すら出さない。コイか??
結局合流地点まで探ったが、上記の2ガボのみ。

いよいよフックを代えなくてはイカン。
現在はリアフックチラシ針仕様のみ。後ろからのバイトならフッキングしそうな
もんだが、かからないってことは、前めにバイトしているのか?
次回はフロントにフック、リアにブレードをつけてやってみるか。
ルアーもサイズダウンしてみるか???
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-14 15:19

7/11さいたま

昼間のムシ暑さにヘキエキしながらも「この暑さでナマズも
活性が上がるんじゃ?」とほくそえむ自分。釣りキ○ですな。

ところが夜になるとひと雨あり、何やら風もすずしい。
家族にはうれしい涼しさだが、ナマラーは心中穏やかではない。
(やれやれ)

とまれ、行く気マンマンゆえ、小雨が降っていようと行かいでか!
先日ガボった田んぼの水路へゴー。

下流から投げていく。流れがゆるく、フロントカップのカポカポ音は聞こえず、
フロントフックに代えたコロラドブレードが回るカシャカシャ音のみ。
ブレード付けたからカポカポしないのか? どっちがいいんだろう。

橋の上から低木の向こうへ投げ、足もとまで引いてくる。
先日ガボったポイントはお留守のもよう。
5mくらいずつ釣り上ってアップ・ダウンと投げていく。
アップキャストしたルアーが足もと数mに戻ったところでガボ!
尾びれで水面をはたいてのたうち回る、乗ったか?!
・・・と思いきやフッと軽くなる。スレだった模様。
バラすとチラシ針仕様じゃなく、直付フックのほうがよかったんじゃ
ねーの? と疑念が涌く。ふうーーむ。

ガボはこれ1回きり。水路は道に沿ってずーーっと直線に続くのだが、
今晩は100mほどで終了。奥にはさらに桃源郷が待っているのだろうか??
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-12 10:44