そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:ソルト( 93 )

さらば稲荷丸!

第一稲荷丸さんが
船長の還暦を機に、今月で廃業するとのことで、
24日、ラスト出船に混ざってきました。

最後の最後も「雨男」「シケ男」の面目躍如(泣)
出船時はドン曇り、ジギング時に降雨、キス釣り時も雨、雨、雨。
で「じゃあおしまいにしましょう」の声と同時に太陽がサーッと(号泣)

仲間に誘われて乗せてもらったのが5.6年前(たしか)
シーバス、イナダ、カツオ、そしてサワラ・・・etc.
いつもは笑い話に花を咲かせていましたが、
時にはシビアなアドバイスなどいただき、
へっぽこな釣り人生に絶妙なスパイスを与えていただきました。

生涯船長!・・・神崎第一稲荷丸船長に贈りたいと思います。

ありがとうございました。
[PR]
by tshr0905 | 2009-05-26 17:06 | ソルト

ひさびさソルト

5/13
1月の東京湾サワラ以来、
すっかり間をあけてしまったソルトチャレンジ。
あまり燃える釣果が届かなかったのもあるが。
んで、ここんとこ釣れてる相模湾ワラサチャレンジとなりました。

ところが朝までにはおさまる雨・風がまだまだ残っており
雨男、シケ男の面目躍如(涙)。
トップでも出る、ということでミヨシ確保!
が、海に出て10数分後



き、気持ち悪い


すでに酔いました(爆)
これじゃヤバイと胴の間に移動、なんとかおさまりました。
過信はいかんね。

朝から大鳥山もあって期待したものの魚浮かず、
前半は大クルージング。
中盤、10mくらいフォールさせたとこでフワッと止まり、
ベイル返してあおったらヒット!
おおお、けっこう引くよこれ!
上がってきたのはけっこう体高のあるイナダ!
ほっとひと安心。

んが続かず、後半もう1本上げておしまい。

みよしキャスティング組も、晴れ間の見えてきた後半に一度チェイスが
あったのみ。

引きの弱さは相変わらずです(号泣)。

翌日はイナダ、イナワラ爆釣。笑うしかない。
半日ズレてましてね。ま、まあよし。

c0006017_154629.jpg
c0006017_1545094.jpg

[PR]
by tshr0905 | 2009-05-17 15:04 | ソルト

いまさら画像

いまさらですが、ようやくデジカメの画像を整理したので・・・。
c0006017_23225421.jpg

1/3初つりの夜明け
c0006017_2324020.jpg

タチウオ場はいつもこんなです(これもホンのはしっこです)
c0006017_23245391.jpg

1/25 にゃははのサワラ3.6kg。交通事故的強運でゲット。
c0006017_23255970.jpg

んで、セルフメンテ中にしくじって、メーカーに出したところ、
つれない返事が。嗚呼!
[PR]
by tshr0905 | 2009-02-10 23:27 | ソルト

サワラゲット!

1/25 湾口
先週あたりからのサワラゲットの報を受け、
満を持して第一稲荷丸にて出撃!
船長もだいぶ気合いを入れてくれてるみたいだ。
5:30出港、ていうか「集まり次第出発」といってたら、
ジャストに到着した自分が最後になってしまった。
す、すいません。

昨日は風とうねりでかなり荒れたようだが、
今日は凪いでいる。
あ、アネロンまた飲み忘れた。…まあ今日は大丈夫かな。
(というこれが後の布石だったりする)

湾口のポイントに到着。
ここはいつも波っけがあるところ。
なんとかなるだろ。鳥もちらほら見える。

反応見つけてジギング開始。水深は50m前後。
ひと流し目、底をとって巻き上げ開始・・・おろっ?
・・・あ、ベイル返し損ねた(空回り)
グン・・・え、グンって!? 根がかりか?
ティップ入ってる?? (フッ)おあっ??
・・・メインラインでブレイク。おいおい・・・
サワラの歯なのかタガ切れなのか?
でも魚だった多分。おし、次っ!

ミヨシでヒット!サゴシ?・・・シーバス。
サバ、エイ。外道だけどよく掛けるなあ、さすが。

右舷前方の方がヒット! うお!サバじゃないっぽいぞ!
ジャーン、やや小ぶりだけど見事サワラゲット!
いるいる!

仲間のサバに連動して、こちらもサバゲット。
ま、まあいいか。

ここいらで、心中、かなりやばい状況に。
・・・酔ってもうた。
朝の仕掛け直しから、もわもわしてたのね。もわもわと。

富士山を極力ながめながらやりすごしたりしてなんとか回復を待つが。

ラインが船の後方へ流れてしまい
「巻かれるぞ」との忠告に素直に従う。
(その前に左舷トモの仲間が巻かれてたらしい)
いったん上げて入れ直し・・・・ゴン!
うお!なんだ?サバか?
い、いや、首振りが強いぞ!でもシーバスとは違うか?
「サワラだっ!」
ひーーーーーーーっ、こんなのアリか?
慎重に慎重に、ネットお願いしま・・・ありゃ、
うまく入らない。もう1回回して・・・く、くそ、
どうして入らない???
「ベイル開けるんだよっ!」あああ、船長の怒号で
初心者対応しちゃってたのに気づく。4回目で無事ネットイン。

うほーー、体高あるじゃん!立派なサワラゲット。
4kg超えか? いやそこまでは丸くないか。
でもよし。一昨年、平塚のサゴシ釣りで偶然ゲットした
2.8kg、さらにその前年(前々年?)、羽田のかみやで
二日がかりで獲った2.85kgをゆうに超えるナイスサイズ!

とか走馬燈がよぎったり、アドレナリン出ちゃって、
記念写真撮ってもらったら限界。
「ち、ちょっとすいません」
船べり駆けだして声なきシャウト!

みんなが「うおー」とか「よかった!」とか
血抜きしてくれてる時に、カンジンのゲッターがゲロってました。

中層をフラついてた魚の前を、急にスピードを変えたジグが通り、
まんまとバイトしちゃったようです。

世間ではこれを「釣った」ではなく「釣れちゃった」というのですが、
いやいや、釣ってナンボの釣り業界(??)、
強運なくしてこの世界ではやっていけませんよ。
なんちて。

その後は立ち直るかと思いきや大して回復せず、
眠気まで襲ってきて久々にロング昼寝。
(4.5年前の大シケ初釣り以来か?)
でも残念ながらその間もヒットなく、
タチウオもダメのようで、戻ることになりました。

番外編で、仲間が根がかりのような重いアタリ、
乳酸ためまくって上げたのは大型のエイ。
「この種は食えるよ、うまいよ」とのことで、持ち帰って食ったら
美味だったようです。コラーゲンたっぷりの美容食とも。

港でデジタル計測したら3.7kg。
仲間に伝わる「サワラ協定」によって、
下半身をおろしておすそ分け。
刺身で食ったら、例によって寒ザワラの脂ギトギトねっとりお肉でした。
翌日から3日間でナマで完食、ウマかったです。
(レアステーキにしてもよかったかも)
アラ汁もほとんど初めて作りましたが、上品なダシが出てこれまた美味でした。

数年来の念願叶い、稲荷丸さんでサワラをゲットできました。
船長、そして同乗のみなさん、あんがとね。
次回は「感じて」ちゃんと「釣り」たいですぞ(今度は一体いつになる?)
[PR]
by tshr0905 | 2009-01-29 17:12 | ソルト

外房イナダぱっとせず

11/2
キハダ祭りの余韻からすっかり醒め、
もはや何年も前の出来事にも思えてしまう11月、
先週、サンパク-ワラサがイナダ的に釣れていた鹿島へゴー。

ヒラマサ、カンパチは昨年釣れたものの、
実はワラサクラスは釣ったことがないのであった。
イナダの数はいらないから、1本でも、太めのやつが釣れないかな・・・
と内心思っていたのだが、

朝のひと流し目で、おとなりが早々とヒット!
慎重にネットで上げていて、インのときはイナダに見えたのが、
オケに移すと・・・おろ、デカイじゃん!

後続なく、あとは移動の早い反応と追いかけっこ。
サイズは次第にダウンしていき、あわやワカシかよ!まで落ちたところで
午前船終了。
回りより多少多めに釣ったが、それでも6本。
大きめサイズは朝イチのポイント勝負だったそうな。

本日のアシストフックは、ゲイブの広いネムリ針(名称忘れた)。
刺さりのよさそうな細さだったので、珍しくバラシゼロ。
ところが調子に乗って、底でかかったマゴチまで抜こうとしたら
案の定ポロリ。ああもったいなし。さすがはオレ(爆)

ワラサを追う旅が始まるのか??
いっそのことヒラマサ勝負??
おっとサワラもやっつけなくちゃなんないし。
シーバスをやるスキがあるだろうか? 冬は冬で悩みます。
[PR]
by tshr0905 | 2008-11-06 10:58 | ソルト

相模湾キハダ祭り最終章

10/11
c0006017_2382146.jpg

とうとう釣れました、相模湾キハダマグロ。27.0kg(長井水産にて解体前に計量、
血抜きせず)。
フィッシング・カレッジフィッシュアンドフィンズとの
合同例会に参加、さすがにこの夏、関東・東海の釣り人たちを舞い上がらせた
相模湾キハダマグロも、さすがにラストチャンスか?と、
ダメもとで、いつもの長井漆山港の青木丸さんに乗船。
たまに雨がポツポツ降るようなビミョウな天気、でも風がないのが救い。

だんだん鳥が集まり出してきた。ハネが出たが予想どおりサバ。
お次はペンペンシイラ。
うーん、鳥はいい感じで集まりつつあるのだが、ナブラも一瞬、
ハネは視認できない。
「カツオだ」という船長の声に臨戦態勢となるが、ううむ、
食わない、届かない。

移動すると「マグロだな」と船長ポツリ。
どうやら海面には顔を出さないが、下にはいるようだ。
トップには反応なし。鳥が釣れるのみ(涙)

と! 僚船の青木丸で掛けてる!!
うお! 奥山Jr.の勇樹くんじゃない!?
前回1時間の格闘の末、サメを浮かせた大器、キハダなのか?!
ミヨシでルアーを投げていると・・・・
トモでヒットーーーーーーーー!
北関東のフライマン・シバタさんのGTロッドが美しい弧を描いている。
キハダだ!

ううむ、掛かったのは喜ばしいことだが、正直言ってめちゃくちゃ悔しい。
やっぱオレもすかさず泳がせ釣りにチェンジすべきだったか・・・。
しばし戦況を見つめる。ちょいとイワシを泳がせたりしたが、シバタさんが
ミヨシに回ってきたので、上着を脱がしたり、サポートに回る。
やりとりを見守っていると「トモでひとりできるよー」と
船長の声! おし! すかさず走ってトモを陣取る。
マグロ対応タックル(すでにエサバリ仕掛け)にイワシつけて投入、
うまくシューーっと潜って行った。いいぞ!

パラパラパラっ・・と勢いよくラインが出ていく。
ん?と思う間もなくシューーーーっと勢いが増す。

食ったか?

ベイルをかえすと「ビーーーーーーーーーッ」ドラグが高音で鳴る、

く、食った!

「ヒットーーーーーーっ!」
これからがいよいよ格闘だ。ていうか、サメじゃなくてマグロ様で
ありますように・・・。
150mほどラインが出て、魚の動きが鈍くなった。
前回は仲間のラインを300m出したあげく、手元でタガ切れさせた
ものすごいパワーを見せつけられたので、
ドラグはいじらず、ドラグを鳴らしながら少しずつ巻き取ることに。
シバタさんがトモに移ってそろそろエンディングか?というころ、
こちらは後を追うようにミヨシへ移動。ミヨシに座って格闘再開。

と、抵抗がなくなり、スルスルスルと巻ける・・・うお!バレたか??
高速で巻くと、グングン・・・・プフー、まだ付いてた。
上に向かって泳いだのか?アブねえアブねえ。
そんなスルスル巻きが3回くらいあり、残り50mくらいまでこぎつけた。

ハッと思ってリールに水をかけると「ジューーーッ」(と言ったような気がした)
ものすごい摩擦で、熱を持っているのだ。

トモでシバタさんがとうとうゲット! で、でけえ!

あれがオレにも掛かってるのか?
ふと3回ほどのスルスル巻きが気になった。
今は出されもしなければ巻けもしない
・・・・さ、サメなのか?
半信半疑になりながらもラインは下方へ引かれて
シバタさんと同じように反対の大ドモに。

あと10mくらいか?
その時

ギラリン

「キハダだっ!」

疲労困憊、立ってるのもシンドイ状態にひと筋の清涼剤のような喜びが!
おしゃ、もう少しだ。もうちょっとだ。

キハダは大きく旋回を始めている。シイラのランディング前の
旋回が思い浮かばれる。

思えばここからが長かった。
先に獲ったシバタさんがあれこれと奮い立たせてくれようと
声をかけてくれるが、こちらも極限状態、
普段の不摂生が祟り、もう腰は立たない、腕も上がらない。
キハダは横になっているのに、
こちらも巻ききれない。
リーダーが出たかと思うと、ギャーーーっと10mほど出される。
その繰り返し。
永遠に上がらないんじゃないの????

どうにもならないとギブ、平岡さんにヘルプお頼み。
5分ほど休ませてもらい、さああ、と戻る。
「もう尾びれも動いてないから大丈夫だよ」
1回まわし、2回、3回、4回、で、水面・・・ネット・・・イン!
無事、キハダマグロゲット!

港近くの長井水産で計ったら27.0kg(シバタさんのは27.9kg)!
感無量です。
サクにしてもらい、同乗者の方々におすそ分け。
ホールインワン賞じゃないけど、1時間(シバタさんと続けてだから
合計2時間)も、サポートアンドギャラリーでしたから。
こちらも気分がいいです。

というわけで今年のキハダ祭りは大団円となりました。
来年はルアーで釣りたいぞ!
[PR]
by tshr0905 | 2008-10-13 23:23 | ソルト

endless summer?

9/23
相模湾の青い海(ちと濁り気味)と青い空を満喫しました(号泣)
c0006017_0254555.jpg

だから海はおもしろい!
仰いでみれば鰯雲、うろこ雲?
・・・でも夏はまだ終わりません。
[PR]
by tshr0905 | 2008-09-25 00:26 | ソルト

キハダチャレンジ?

9/14
相模湾キハダ祭りに参入しようと(爆)
青木丸さんんへ乗船。
借りたロッド(7020)と借りたリール(X6000に6号ナイロン)で
即席それなりヘビー対応タックルも持ち込んだが・・・。

まずはペンペン祭り(涙)。
ペンコちゃんたちも、オズマの泳ぎにはメロメロでした。

そして子カツオ祭り。
「お土産獲ってよ!」と、タタキ(一本釣り)をやったが
バラシまくりで上がったのは2本(苦笑)、
しかもカツオ掛けてた女の子にカツオ降らせちゃって、
その瞬間ブレイク・・・すいませんでしたm(_ _)m

メインイベントは中盤に。
鳥山ナブラが落ち着いて、イワシ泳がせ(フカセ)ていたら、
回収しようと巻き始めたらドン、ギャギャギャギャーーーーー!
うお、なんだなんだ? とりあえず竿立てて
どうしようかと思ったらフッ・・・リーダーがスパッと切られてました。
歯切れか? サメ? いや、キハダもいくときはスパッといくらしい。
うーん、その間20秒。(ラインは20Lbナイロン+50Lbフロロリーダー)

同時期にかけた支店長が、3号PE300m持っていかれ、
回収スタートしようと、ドラグ締めて巻き始めると
手元でブチン! 嗚呼。

後半には受験生がサメ(推定)かけてビッグファイト。
20分格闘の末、ラインブレイク。
いい練習だね。来年は獲れよ!

後半はそれなりにナブラが立ったが、イワシ食わず、
ルアーも全く追わず。船が近づくとすぐに沈んでしまう
なんとも悩ましい展開。シラスがベイトか?
小ジグにリーダつけてエビワームも引っ張ってみたけど
反応なし。
かろうじて1本スレでゲット(苦笑)。

ぬーん、キハダのハネは見えず。
カツオもハマれずイマイチ消化不良。
帰港後、船長がタタいたカツオをいただいて
お土産とさせていただきました(^^;

今週、台風が上陸する模様。
さて、海にはどんな影響を与えてくれるでしょうか?
[PR]
by tshr0905 | 2008-09-17 19:28 | ソルト

相模湾二連チャン

8/10
妻子が帰省中なのをいいことに相模湾二連チャン(笑)。
クラブの代表が主催するフィッシング・カレッジ釣行会に混ぜてもらいました。

最初の、他船の近くに出たナブラに乾坤一擲(??)、ガツンとヒットして、
今回もめでたくルアーでキメジゲット!
その後は先週よりクルージングが長かったが、
中盤にキメジ→カツオがわいてきて、イワシの泳がせでカツオをラッキーゲット。
今回も1-1の地味目ながら、朝イチチャンスでルアーでゲトできて
満足でした。
ヒットルアーは今週もCB ONEのOZMA。
水平フォールが効いてるようです。ていうか全部フォールでガツン!です。
[PR]
by tshr0905 | 2008-08-12 11:33 | ソルト

ルアーでキメジ!

8/2
クラブの例会で恒例の
相模湾へ。
先日は鳥山・ナブラがとことん見つからず悔しい目にあったが、
今日は元・カツオ漁師の青木丸さんなのでかなりの期待大!
オフショア3連敗の地獄の日々(・・・というほどではないが)を脱出すべく出港!

かなり南下して探索スタート!
ボシュッ、ボシュッ・・・ナブラだっ!
エサをまくと次第に近くなってきた。
一発目はデカいトッププラグにヒット!(あ、オレじゃなくてクラブの会長)
キメジかと思ったら良型のカツオ!
ググン!お、こっちもきたか!? 
フッ・・・
はあ??
いきなりラインブレイク。
おいおいデカいのか?いやいや、ドラグも出なかったし、
ラインに傷ついてたか? 

気を取り直して次!次!
右舷を見ていると、おおお、いきなりナブラ出た!
すかさずひょいっと(ホントにひょい、って感じで)投げると
ドーーーーン!ギーーーーーーーーーッ(ドラグの音)
うひー、ヒットヒットヒット!
上がってきたのは、やった!キメジ!
4キロくらいかな? 小ぶり(ぜいたく!)だけどルアーでとった
価値ある1本! まだまだいきまっせ!

散発的にナブラに遭遇、でも散水には入ってこない。
まかれたイワシに、忘れたころに「ボシュッ」と食いつく。
散水のきわに、またしてもポイッという感じで投げると
ググン、ギャギャギャギャ!おしゃ、ヒット!
ティップが小刻みにふるえる・・・カツオだね!
こちらも2キロくらいの小ぶりだけど、貴重なルアーカツオでぃっす。

ボルテージ上がったところで事件発生!
散発ナブラに右往左往していたところ、
足をすべらせて生け簀にドボン!
幸い大きなケガはなくホッ。
・・・しかしポケット内にあったデジカメは、
ぶつかった衝撃で液晶がお亡くなりに・・・嗚呼!


序盤にルアーで1本1本とれたので、
今日は自分的にルアーしばりでいくことに決定!

んがそれからはガマンの時間に。イワシの泳がせにもなかなかいいヒットが
こない。それでも1本、また1本と追加(船中ね)、
サイズも5キロ台が出たりと、まずまずの状況。

最後の最後、シイラがスレでヒットしたが寸前でバラシ。
残念ながら「相模湾グランドスラム」はおあずけに(苦笑)。

それにしても酷暑の海上、後半はバテバテでした。
休む時はひかげでしっかり休みましょう。
[PR]
by tshr0905 | 2008-08-08 18:35 | ソルト