そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

沈黙

7/28さいたま
台風後、初めてナマズ探索。
とりあえずはここのところ反応のあった水路へ。
台風の影響も特には見られない。増水もなかったかな?
田んぼからじょぼじょぼ水が落ちる数カ所を丹念にやってみたが
お留守の模様。
照明を忘れてしまい、今晩はこの水路のみ。
あんまりこの水路にこだわっててもいいことなさそうだ。
新ポイント開拓開拓!
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-29 12:28 | ナマジー

台風

この台風の影響が、ナマズたちにはどう出るか?
狭い用水路のやつらは流されてしまうのだろうか。
でも多摩川のナマズやコイや小魚も、水が引けば復活する。
台風後、多摩川の支流でおもしろいくらいオイカワやウグイが釣れたことがあった。
逃げた魚のたまり場・・・水草や芦の茂るところ?
ワンド、ストラクチャー・・・、結局いつもと変わりないか。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-26 15:54

船釣り2発

7/23 相模湾
仲間のお誘いで、接待釣りのアシストとして乗船。
ねらうはシイラと、お土産のサバ。
シイラの状況はあまりよくないようで、とりあえずは拓海パヤオでエサつり。
なんとかゲスト4名にヒットし、全員ゲット。メーターオーバーが2本混じった。
よかったよかった。
しかしさらに釣り続けるのもムダになりそうで、漂流物を探す。
この日は潮目もなく、シイラをねらい続けるのもきびしそうだったので、
お土産のサバねらいに変更。葉山沖へ。
ワカシ混じりのサバ大漁。しかもサバは大きくて太く、計量してみると
最大0.9kg(自己記録)、船内では艫で釣れた1.05kg!
JGFA日本記録は1.2kg(マサバ)、気合いを入れてねらったが、
手ごたえのあるファイトを2本くらいバラし、終了。
この日のヒットルアー(サバ)は、圧倒的にブルー。おもしろいくらい
釣果に差が出ました。外道にクサフグ! フォールで食った。

7/25 東京湾
家族が留守の期間をねらって夏休み連チャン釣行。
東京湾でタチウオジギング(&サバ)。
大貫沖にはかなりの船団ができている。好反応も出ているようだが・・・、
なかなかあたらない。他船もポツポツ上がるのみ。
横ふたりがポツポツとつり上げるが、こちらには??こない。
いつもの悪循環、ルアーチェンジをくりかえし、機嫌も悪くなるばかり。
ジギングはじっとガマンでひたすらしゃくるのが、結局最良のようですね。
釣果:タチ1本(指3本・・・)、サバ10本くらい
★外道にホウボウの小さいのがきました。底からけっこう上で食ったので
ビックリ。ここんとこ、なぜか外道づいてる。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-26 11:57

a.se.mo

齢40近くになって、首すじにアセモができた。
汗をかくとピリピリと痛い。
肌の老化現象か??
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-22 12:16

たまナマゲット!?

7/19さいたま

連日の昼間の暑さにナマズも活発にエサを追うか?と期待し、出撃。
ところが夜はほどよいすずしさ。うーむ。

期待の水路へ。外灯もほとんどなく、たまに通る車やバイクの人には
どんな風に見られているのだろう? 明かりが近づくとなるべく
夕涼みの散歩風に、ロッドもなるべく見えないように隠したりして。
不審者そのものでんがな。

水深が下がっているのか? 今まで気づかなかった田んぼからの流れ込みが
今晩は2か所、ジョボジョボと音をたてている。
案の定、その流れ込み下流でヒット。お、フッキングした模様、ひさびさー・・・が、
あらら小さい。30cmもないかな? ライトをつけたり足場を確認している
うちにバラシ。あーあ。やっぱネット持ってるべき?

あとはやる気のなさげな反応が2回のみ。移動。

北越谷まで足を伸ばしてみるが、こちらもダメ。どうやら捨てポイントに
なりそう。

A瀬川の流れ込み+橋がらみのポイントもダメ。
やはりもうちょい下調べが必要だな。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-20 10:54

シーズン開幕

地元でのナマズ釣果もぱっとしないまま、
梅雨明け、そちらはぼちぼちやっていくとして、
シイラ・カツオのソルト夏の陣がいよいよ開幕!

昨夏はシイラ爆釣に運よく当たったが、カツオは
思ったほど数もサイズも獲れなかった。
今年のシイラは昨年同様デカイのがぽつぽつ釣れているようなので、
まあカツオは運にまかせて、きっちりグッドサイズのシイラを
ゲットできるようがんばりましょう!

もうひとつのテーマはタチウオ。ここ数年数・サイズとも
釣った! てな気分を味わえた覚えがない。
伊良湖水道の「メガタチウオ」に挑戦したいのはやまやまだが、
ちょいと遠い…。
東京湾にしても先週からぼちぼち出ているが、サバほどには好調が持続していない。
なんとかいい日に当たりたいものだ。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-19 11:17

7/13さいたま

ここのところすずしく快適な夜。しかしナマ様の活性も下がるばかりでは・・・と
釣行サボり。
これではイカン!と、チェックにゴー。
例の水路。前回とっておいた上流からはじめてみる。
まーーーーっすぐ1kmくらい続く、流れのない水路。
車を停めて下流方向へ釣り下りる。数投目でガボ! が乗らず。
食いが浅いのだろうか?
さらにもう一度、10mほど下流、ダウンへ投げて波紋がおさまるまでステイ・・・
動かした瞬間バイトらしき反応。が、ガボ音すら出さない。コイか??
結局合流地点まで探ったが、上記の2ガボのみ。

いよいよフックを代えなくてはイカン。
現在はリアフックチラシ針仕様のみ。後ろからのバイトならフッキングしそうな
もんだが、かからないってことは、前めにバイトしているのか?
次回はフロントにフック、リアにブレードをつけてやってみるか。
ルアーもサイズダウンしてみるか???
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-14 15:19

7/11さいたま

昼間のムシ暑さにヘキエキしながらも「この暑さでナマズも
活性が上がるんじゃ?」とほくそえむ自分。釣りキ○ですな。

ところが夜になるとひと雨あり、何やら風もすずしい。
家族にはうれしい涼しさだが、ナマラーは心中穏やかではない。
(やれやれ)

とまれ、行く気マンマンゆえ、小雨が降っていようと行かいでか!
先日ガボった田んぼの水路へゴー。

下流から投げていく。流れがゆるく、フロントカップのカポカポ音は聞こえず、
フロントフックに代えたコロラドブレードが回るカシャカシャ音のみ。
ブレード付けたからカポカポしないのか? どっちがいいんだろう。

橋の上から低木の向こうへ投げ、足もとまで引いてくる。
先日ガボったポイントはお留守のもよう。
5mくらいずつ釣り上ってアップ・ダウンと投げていく。
アップキャストしたルアーが足もと数mに戻ったところでガボ!
尾びれで水面をはたいてのたうち回る、乗ったか?!
・・・と思いきやフッと軽くなる。スレだった模様。
バラすとチラシ針仕様じゃなく、直付フックのほうがよかったんじゃ
ねーの? と疑念が涌く。ふうーーむ。

ガボはこれ1回きり。水路は道に沿ってずーーっと直線に続くのだが、
今晩は100mほどで終了。奥にはさらに桃源郷が待っているのだろうか??
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-12 10:44

7/9さいたま

たまナマ探索。
元A川水門上流、やはり反応なし。コイっぱねあるが・・・。
北越谷まで南下して下見でチェックしていたポイントを
ねらってみる。小さな流れ込みは小魚がいるようだが反応なし。
橋脚まわりの浅いところをやってみようと
土手から降りると下はゆるいドロ。
数日の雨でコンクリートの上に泥がたまっていた。
羊羹状で足が取られる。水辺まで近づけそうもないので、
仕方なく土手に登ろうとすると、手をかける物がない・・・。
幸い壁面はゴツゴツしていたので、フリークライミングさながら、
なんとかはい上がることができた。
結局一投もできず。靴はドロドロ、最悪。

コンビニで手を洗い、撤収かと思ったが悔しいので、
田んぼの水路を最後にチェック。

相変わらずウシガエルはやかましく鳴くが、魚の反応はない。
以前バイトのあった橋下もダメで、
ダメもとで今まで投げたことのなかった水路をやってみると、
「バフッ」「バフッ」とひーさびさのバイト、がフックアップせず。
フックには触れていないようだったので、もう一度引くと、ヌワーンと
再び反応したよう。
さらに上流を釣り上ったがダメで、最後にもう一度反応あったところへ
投げてみたが、シーン。
まあいることがわかっただけで吉としよう。
翌日は昼間がムシ暑かったので出そうだったが、
気が付いたら寝てしまった。ガーン。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-11 12:29 | ナマジー

7/3洲崎・コマセ釣り

連日良型連発しているというイサキのコマセ釣りに出かけた。
前日とはうってかわってすずしい気候、これでサクサク釣れれば
言うことナシなんだが。

経過ははしょって惨敗。
この日は、魚探に反応はばっちりあるものの、どうにも口を使ってくれない。
そのうえこちらは仕掛けの扱いに手間取り、タナも取れていなかったようで、
チビイサキ、ウメイロ、豆アジ数尾ずつのみ。

景品でもらった白のしなやかな船竿のデビューとなったが、
竿の調子とか言う前に、ビシ調節、タナ取り、シャクリを
きっちりやらないとね。
反省の一日。

それにしても洲崎は遠かった。片道3時間、帰り道は眠気止め錠剤も威力なし。
あぶねーあぶねー。
[PR]
by tshr0905 | 2005-07-04 15:05