そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サワラ不発

1/28 東京湾
初釣りに続くサワラゲットに燃えるかつみ氏のチャーター便に、
すべり込みで乗せてもらう。
こちらはリベンジ組・・・。
ねらいはここのところ好調なサワラ。
4キロ台がけっこうな確率で上げられている。
JGFA日本記録をねらうべく、12Lb(2.5kg)と20Lb(3.06kg)の
2クラス更新を期してタックルを準備し、いざ出陣。

朝イチのハネを期待したが不発。ジギングでスタート。
かつみ氏1/3に続き、一投目でまたしてもヒット、「ええっ?」と固唾を飲むが、
上がってきたのはスレのアジ。とはいえ、強運には驚く。執念というべきか??
その後は沈黙。
水温が15度に上がり、活性が高まるのを待ったが、
逆に沈静化してしまったのだろうか。他船も中層のバラシのみと、
どうにもならない様子。
やまじ氏が良型のホウボウゲット。だがあとは、終盤でかつみ氏がエサで釣った
ミニカサゴとトラギスのみ。で、終了。

ふうー、久々の丸々ボウズ。
帰りは船奥のスペースでふて寝を決めこんだが、すごいジャンプに案の定船酔い。
トイレ立てこもりでサイアクのクルージングに。トホホ。

2日経ち、起きてみると体のあちこちがイタイ。おろ、これが老人性の
「2日後に筋肉痛が来る」ってやつか!? 
それもジギングの疲れではなく、トイレで突っ張って揺れをしのいでいた際の
疲れみたい。素直に船尾で波かぶってりゃよかった・・・嗚呼!
(写真無し)
[PR]
by tshr0905 | 2006-01-30 11:59 | ソルト

カワハギ&シーバス

1/14(土)東京湾

クラブの例会で、羽田・かみやさんに乗船。
対象魚は忘年会から決めていたカワハギ。
ところがどうにも釣況が悪いようで、
かみやさんも前週で乗合は終了していた。

自分も含め初心者が多いため、とりあえずカワハギはやってみるとして、
おさえに、好調のシーバスジギングもやることに。ホッとひと安心。

7:30出船して1時間、竹岡沖30mくらいのポイント。
ぼちぼち始める。素手でやっていたので手袋をしようと竿を船べりにかけ、
握り直したその時「クンクン」「クンクン」お、なんかかかってる。
トラギスかなんかだろうと思いつつ上げてくると、なんとカワハギ!
あらら、労せずして初カワハギゲット。手のひらサイズの20cmくらい。
c0006017_17345822.jpg

プププ、釣れちゃった。

その後は当然のごとく不発。カワハギらしきアタリ、トラギスっぽいアタリが
数回あったが、どうにも食わせられない。ぬーん。
結局船中オレの1枚と両隣の経験者様の合計3枚のみ。
やっぱシブかったのね。

11時にカワハギを切り上げ、シーバスねらいに。
1時間ほど戻って川崎は扇島シーバース付近。
60gのピンクホロで30-40mくらいの水深ポイントを探る。
落としてシャクり、ストップさせてフォール・・・着底の瞬間グン!
おお、きた。

その後同じパターンで入れ食いモード。
こんなにサッとパターンにはまるなんて、初体験かもしれない。ああ、快感!
数釣りはできたが、サイズは60cm止まり。
ミヨシとトモでは70cmが出た。ビッグサイズはねらうべきポイントで
ねらわないとなかなか釣れないですね。

シーバス時にはそうとうな雨模様になり、降りてみるとかなり体力を消耗した。
帰りの首都高では強い降りの中、何度も「飛んで」しまい、一触即発@四人囃子
でした。おっかねえー。
[PR]
by tshr0905 | 2006-01-17 17:37 | ソルト
1/3 東京湾
東東京〜千葉の仲間と初釣り。千葉は寒川港の第一稲荷丸さんに初出してもらう。
港を出たところで、船上で年初の漁師式豊漁・安全祈願
(「漕い出」の儀式というそうな)をさせていただく。
うむ、気持ちが引き締まる。
「今年も一年、楽しい釣りができますように」

まずは時合い待ちでシロギスのエサ釣り。
ニョロエサはかなり苦手だが、冬は匂いがきつくないのでよかった。
(ニョロは前日、地元のJS屋で買ったのだが、そこの兄ちゃんが、
イケスからわしづかみでニョロをパックに詰めるのを見たときにゃ、
貧血で倒れそうになった)

ポツポツ釣れる。中には20cmクラスの「ピンギス」も混じってなかなか楽しい。
続いてカサゴ、イシモチねらい。が、こちらはパッとせず。カトチャンひとりで
数尾続く。
・・・と、朝はいい天気、ベタ凪だったのだが、次第に風が出てきて、
波が上がり始める。いやな予感。

とそこに、僚船から「サワラ上がった!」との連絡が!
早速急行して50mダナでスタート。・・・と、1投目にトモのかつみ氏が
「ヒットー!」
隣りのなつ姫もなんとヒット!・・・が、船のペラに巻かれてアウト。
こちらもゴン!とアタリがあったが乗らず。
トモの他の人にもヒットしたが、ラインブレイク連発。うむむ。

その後強まるうねりにガマンできずリバース。初ゲ○(泣)。
なんとか続けたが、その後は反応出ているものの、ヒットには持ち込めなかった。
さらにうねりが強くなり、雨まで落ちてきて定時終了。

かつみ氏のあげたサワラは4.0kgのリッパなサイズ。
出船前の取り決めで、全員におすそ分けと相成った。
秋のサワラより脂がのってて、マイウーでした。ありがとうございました。
(シロギスてんぷらもやばウマ)。

例によって、そんなトホホな初釣りで2006年もスタート。
今年ものほほんとよろしくお願いします。

c0006017_18522941.jpg

[PR]
by tshr0905 | 2006-01-05 12:34 | ソルト

でもってメバで釣り納め

12/30 川崎
気づいたら月初のシーバスから釣りしてなかった。どうりで釣りのムシが
うごめくはずだ(笑)。とはいえ、久々のさいたまの冬、それも例年より
きつい寒さに体は動かず、なんとかえいやと出撃した。
今年の初めに通った川崎の港湾部へ、首都高はじからはじまで1時間。
東方面にもいいとこがあるようだが、情報不足。

無理やり誘ったK氏によると「今、ドン底だよ」あらら、潮見るの忘れてた。
明るいコの字でネジワームを引くと魚がついてきた。いるいる。
別の明るい船かげでK氏ゲット。おしおし。だがこちらには来ない。
船かげを拾い釣り。K氏30cmくらいのセイゴまで釣りあげる。うぬぬ。
2月にバチ抜けした船だまり。K氏ポツポツ釣れる。
こちらは台船わき、暗い側を引くと、岸とのすき間、流れのある足もとで
ぞうきんひっかけ系の感触、引くとブルブルようやく生き物の反応。
やた、ようやくゲット。続いて同じところで同型20弱のメバル。
さらに明るい方の船かげでミニゲット。ふー、よかった。

ここいらで風も出てきてどうにもガマンできず、風裏探して移動したが
K氏姿見せのひやかし群れを見ただけで終了。

2005年もよく遊びました。2006年もたぶん・・・。

c0006017_12245911.jpg

[PR]
by tshr0905 | 2006-01-05 12:25 | メバリング