そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

じっと待つ

給料前の週末、学生並の残高にあ然として休釣(?)
体制を立て直さなければ・・・。
県内調査も酒におぼれて出撃せず。
(どうせ釣れねーしよー・・・、ガソリンも高けーしよー・・・)

グレていてもしょうがないので、
深まりゆく秋の陣、10月頭には「相模湾メジ・カツオキャスティング最終章」、
下旬からは「東京湾口サワラチャレンジ」と計画を立てた。
その合間に「県内シーバス調査」。
娘も大きくなったので「ファミリーフィッシング入門編」も
始めたいところだ。
お、案外テーマはあるじゃん。フフフ。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-25 12:37 | つれづれなるまま

スカ

9/21 県内調査
潮まわりもいいようなので出撃。
車を停めようといつもの場所へ近づくと、おろ、パト。
目の前のT字路を見張ってるんだろうか?
さすがに駐車できずに水門から。
波紋は立つが、ルアーに反応させられない。
大水門もまったり。

戻っていつもの橋。
先日よりは橋のたもとでベイトが騒いでいるようだが。
入った瞬間、足下でなんだかものすごいライズ。
でかナマか?ランカーか??いるのだ。
だが水位が低く、水が遠い・・・。
いろいろ投げて、上も歩いて行ったが、うぬぬ、セコリグにも反応なし。
残念、もうちょい水位の高い時間のほうがいいか?
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-22 10:27 | シーバス

台風前調査

9/15 県内調査
台風の影響が消えきらないうちにまた台風なので、
とりあえずチェックしに行った。
いつもの橋まわり。
流れはまだ強めだが、小潮の下げ、岸ぎわの水位は低めだった。
んがベイトの動きもあまり見られない。どこ行った?
下流の水門へ移動。流れがなくなっている。
はぐれがうろうろしているようだが、ルアーには反応しない。
コイか?
本流角、よどみをながめていると、ベイトがよたよた泳いでいる。
「ペンシルをトゥイッチした時の動きだなあ」と思ったら、
ズボン! とでかい音でバイトした。やっぱ食うんだ、あの動きは。
でもこちらのペンシルは食わず。

大水門下の広大なシャローは水が引くとトップしか引けない。
反応なし。ベイトはいるんだが・・・。

戻って最後に再び橋まわり。
足下シャローの明暗でブルブルッとヒット。よしゃ!と合わせたら
スポーンと飛んでアウト(苦笑)。極小サイズだった模様。
ちょい上の岸際、この前釣れたところで、また足下で
ズボッとバイト。いるにはいるんだなあ。
セコリグやったが反応せず。
さらに上流をめざしたが、どうにも下りられそうなとこなく、
1本上の橋までウォーキングとなってしまった。失敗。
折りたたみ自転車でも積んでくるか?!

9/16 続県内調査
朝から子どもの運動会観覧。台風の影響なくミラクルの晴天。
川も回復したかな?と、潮周りはよくないがとりあえずビールをガマンして
行ってみる。
んが、あらら、ベイトっけまるでなし。いつもは行かない対岸のシャローを
引いてみると、岸ぎわにベイトがついている。ルアーを引くと逃げまどう。
いや、あんたたちをねらってるわけじゃないんですけどね。
けもの道(釣り人道・・・)をたよりに、本流合流部を久々ながめる。
シャローで波紋わくが、コイだろうな。ルアーに反応なし。
背の高い草むらにビビって早々に撤収。

下流の水門へ行ったら、コイだかウナギねらいで3本竿が立っていた。
運動会疲れでフラフラしてきたので撤収、締まらない日になってしまった。

13号が去ったと思ったら早速14号。こっちのほうが影響大きそうだな・・。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-19 11:21 | シーバス

メジメジカツオ

9/9 相模湾
台風後調子の良い相模湾に、先日のカツオラッキーヒット以上の釣果を求めて
いつもの長井漆山港は青木丸さんに乗ってきた。
c0006017_22111818.jpg

天気は上々、釣況も上々となれば、やる気マンマン、
アドレナリン出まくりで出港となった。
風もなく海上は凪、これでハネが出れば言うことない。
c0006017_22112815.jpg

しばらく何も見つからずクルージング、そのうち他船から無線が入ったようで、
進路変更、ナブラへ急いだ。
到着すると鳥は休息状態。遅かったか?
海を眺める船長、思い立ったか、散水を始め、チャムをまき始めると・・・
出た! 小さいようだがはねている。
トモの人たちがポツポツ上げた。ソウダとカツオ。
船長がタタキでメジを上げた。

それからは小移動をしてはボイルを見つけ、ポツポツ上がった。
散水にも入り、たたきではやや良い型も上がってきた。

ところが・・・、こちらはどうにも思ったほど食ってこない。
ジグの色やサイズ、タイプをいろいろ試せば試すほど釣れなくなって悩む
という悪循環に陥ってしまった。うーむ。
超速で巻けば水面を割ってしまうし、
ちょっとトゥイッチなんて入れると反転されてしまう。
高速対応の小型ジグ?
トモのほうではオレンジ系がヒットしてる?
リアルカラーじゃないのか?
などなど混乱するばかり。
結局メジが7本くらい、カツオは1本だったかな?(サイズはヒミツ)
クーラー満タンなくせに自分の貢献度の低さ。
ま、まあこの次こそ!

とかうなっていたらお昼もすぎ、イワシも少なくなってきたので、
シイラでも遊ぼうという話になった。
さすがに大物はあきらめて、群れが見つかればしめたもの、というノリ。
凪の中、なかなか漂流物もみつからず。
プレジャーボートがやっていたブイに、ルアーを投げると小型が
出てきた。すかさず残りのイワシをまくと、でるわでるわ、
何十ものペンペンの群れ。例外なくペンペン。これはこれで
なかなかの光景。
デカイプラグで「フッキングしねー!」なんて遊びながら
過ぎゆく夏を惜しみました。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-11 16:16 | ソルト

セコ釣り作戦!

9/7 
丸ーいお月さんに誘われて、県内シーバス調査。
大潮の下げ時で、いいんじゃないのと浮かれてたら
いきなりワンダーロスト(泣)。
そこで今晩のテーマである「スーパーセコ釣り作戦」実行開始。
橋より上流の、草の切れ目に立って、下流へ投げて岸沿いを引く・・・
と、吸い込むようなバイト、ヒット!
c0006017_143130.jpg

前回よりサイズアップ、細いけど45cmくらい。

おお、釣れた。やっぱセコ釣り強し。
それから橋まわりで2ヒット。わかりやすいライズはないけど、
ちゃんといるのが証明された。

下って水門。
こちらはベイト少ないが、単発で波紋が立つ。
コイかな?と思いつつ左へ右へ投げていると、水門方向でヒット。
c0006017_1464335.jpg

こちらは40cmジャストくらい。

めずらしく2ゲット。
セコ釣り、それは
c0006017_1473576.jpg

1/16ジグヘッドに、シャッドテイルワーム。
すこぶる反応よかったす。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-08 01:48 | シーバス

サンスポ

新宮誕生の記事に
「新宮さまは『オギャー』とおっしゃいました」

・・・当たり前だろ!赤ん坊なんだから!
(と電車の中でつっこんだ人はいっぱいいるでしょう)
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-07 12:44 | つれづれなるまま

県内調査

あぷし忘れ
9/1 県内
例によって川シーバス県内深夜調査へ。
いつもの橋の下。ベイト多いが今日はボイルなし。
小水門、やや沈めるとブルン、ジーーーーー、フッと軽くなる、
コイ様スレですな・・・。
大水門下のシャロー、遠投して岸際、
動きバナにバシャっとバイト。ナマ様かな。
コイ様のびっくりジャンプかもしれんが・・・。
ふいーーー、まだまだ。でもそのうちさ。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-04 18:04 | シーバス

残暑の管釣り

9/3 家人が不在なので、せっかくのチャンス、
海へ出たかったが、軒並みどの候補船も釣果が芳しくない。
加えて台風12号の影響でうねりもあるだろうと、断念。
せっかくなので久しぶりの管釣り釣行となった。
7月にオープンした大井松田に近い開成水辺フォレストスプリングス(以下FS)。
栃木の白河FSに行ったことがあり、サーモンのようなピンクの
林トラウトを味わいたいという、完全お土産ねらいだったのだが・・・。
まずは寝坊。船は出てしまうが、管釣りはいつまでも待っていてくれる(苦笑)。
5時出発のはずが6:30まで目覚まし時計と格闘してしまった。
それが最初の失敗。
c0006017_2131874.jpg

思ったよりスムーズに来れて、2時間後の8:30には現地へ到着、
さていよいよ・・・あ、暑い。
くもりの予報だと思ったが、思いっきり残暑ギラギラ。
朝イチのトップもほとんど終わってしまったようだが、
ルアーではスプーンでぽつぽつ釣れているようだ。

なかなかヒットがなかったが、昼近く、銀の1.5gを表層めで引くとヒット。
バラしたが、すぐに次がヒット。あららちっちゃいけどまあとりあえず釣れてほっ。
何尾か釣れたがFSらしいサイズは釣れない。ううむ。

昼食にくわーーっとジョッキをあおる。この暑さの中やっても徒労だろうと、
3時くらいまでうだうだ過ごす。
さて午後の陣、まだまだ暑い。5時くらいまで何も起こらず。
こちらも暑さにそうとう疲労してしまった。管釣りで日焼けって・・・。
フライの人はドライでコンスタントに釣っている。
終了間近の5:30くらいからさかんに水面に波紋が出始めた。
せっかくなのでバッタをつけてトップねらい。
ツンツン引いて波紋を立て、ポーズを繰り返す。
ゴポン。
おろ!きた! FSますにしては小さいが、体高のある35cmくらいのにじます。
しかもトップでちゃんと釣れたのは初めてじゃないだろうか??
その後ギリギリまでねばり、計3尾トップで釣れた。
必要以上にルアーを凝視していたので目が疲れたが(苦笑)、
やっぱトップは楽しいねえ。
フライにはまる気持ちもちょっとわかった気がした。
現在建設中のログハウスができあがったころ、また行ってみようかな。

PS.東名渋滞25キロ、大井松田-東京出口まで120分。故障車とな。
[PR]
by tshr0905 | 2006-09-04 11:24 | その他の釣り