そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

○ルキュービル

さいたま新都心の駅前には、釣りエサで有名な○ルキューの名前が
入ったビルがどーんとある。
さすがはヘラどころ・埼玉の新駅にふさわしい?
で、これが本社で、ビルに入ると、ショーウインドーには
ズラッとエサのラインナップが並び、
例のエサの匂いがほのかに匂ったりすんのかな?
とか思っていたら、これは全階貸しビルだそうです。

ちょっと残念。
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-27 16:17 | つれづれなるまま

青物釣行

10/22 東京湾
今年の秋の東京湾はイナダフィーバー。
シーバスシーズン前に青物をと、第一稲荷丸さんに乗り込んだ。
第一のねらいは、イナダの外道としてちらほら顔を出していたサワラ。
昨年は9月の下旬にトップで遭遇したが、今年はまだのようだ。
でもそろそろ・・・と密かに期していた。
c0006017_14411165.jpg

天孫光臨、てな感じか(デフォルメ入ってます)

c0006017_1442663.jpg

湾口ではイナダの大船団ができあがっている。
こちらも反応を見ながらぼちぼち探る。
水深は30-40m、反応は底べったりのようだ。
何度かの流しで、トモでヒット。まあまあサイズのイナダだ。
活性が上がるかと期待したが、後続はなし。

その後少しして、着底からふた巻きくらいしたとこで、
ググンとアタリ。おっしゃと思ったら、
うお、ドラグ出っぱなし。少々ゆるめだったが、締めても止まらず。
ビクともしなくなってしまった・・・根がかりだったか?
いや、でも最初は生体反応が確かにあったはず。
ゴム製の根がかり回収器?で引っ張ってもらったら、
おろ、はずれた。
うーむ、船長の予想によると、カンパチがヒットしたけど
いっきに根に入られて、そのうち外れ、フックが根にかかったのだろうとのこと。
うひー、初めて味わったカンパチの引き。
勝負どころではない。
走らせるわけにはいかないジギングゲーム、
かといってドラグを締めすぎると瞬間で切られてしまう。
久々、ドラグ調整の重要さをかみしめたのだった。

あっけにとられた瞬間ファイトののち、
ハイスピードでは当たらないので、中速めのワンピッチにポーズを入れると、
それが正解、なんとかイナダゲット。
それからはポツポツ上がり、なんとか5尾ゲットできた。

ボケッとしていると、中層でグワンとバイト。
えっ???? ドラグが出る・・・がさっき締めていたので、
止まるかな・・・・・・・・・あーっ!と、
フックアウト。・・・アワセ入れてないじゃん!!
予想の初ワラサをも逃した。くうう。

イナダの反応がきびしくなってきたので、ここのところ復活傾向の
タチウオポイントへ移動。
ミヨシ反対側でポツポツヒット。良型の指5本サイズ。
久々の80mダナ、しかも潮がかっとび気味で底がきっちり取れない。
ブレーキをほぼフリーにして、なんとか着底、ガマンのワンピッチジャーク。
ほどなくガツッとヒット! お、重い。と思っていたら、
上がってみたらどスレ。タチのワッキーリグ状態(笑)。
今日はリアにトレブルフックを付けていたので
もはやひっかけ釣り。ま、まあいいか。
その後もう1本追加して移動。

・・・いい反応と聞いてシャクってみたら食ったのはサバ。
脂ノリノリのデブサバを期待したが、スラッとスリムなハンサムさん。
でも、ここぞと入れ食い期待して連発、が、大して数が伸びない。
「なんかに追われてるみたいなんだよねえ」
うお、サワラか!? タックルかえてミドルにしゃくるがミラクル起きず。

帰港途中の中ノ瀬。僚船に状況を聞くと、芳しくない模様。お土産のシーバスも
出てないとのこと。このままフェイドアウトか??
凪の海面、無口でシャクる釣り人たち。
お!イナダゲット。今日はホントに巻きが合ったんだなあ。
こんな日も1年に一度くらいあってもいいでしょ(^ ^;

最後にシーバースでシーバス。有終の美まで飾りたいところだが・・・
ひょいと投げたら、おいおい、バックラッシュ。
あーあ、タチウオでブレーキフリーにしたまんまじゃん。
時間も少ないので、サワラ用の中型ベイトに20LbPEでやるが、
あれ、アタリなし。トモではナイスサイズが連発。おいおい、どうしたことだ?
ラインの太さの違いで、こんなに差が出る?
しょうがないのでバックラッシュを直し、システム組み直して、
トモで当たっているジグに変えたらフツーに釣れた。
それを見て船長、ストップフィッシング。
ふう、ぼ、ボウズは免れた・・・。あわてちゃいけませんね。

c0006017_14425883.jpg
下船してから、ミラクルで釣れた60cmビッグマゴチの解体ショー。
それにしてもデカイ頭。エサ釣りでもなかなか出ないサイズだそうな。

さて青物第一章はイナダまで。
カンパチ、ワラサのヒットを逃したのは痛かった。ドラグセットちゃんとやろ。
サワラタンとはいつ会えるの???
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-24 19:03 | ソルト

キリ番

引っ越し以来、通勤の足として使ってきた原付も
7777(7)km突破。
って、中古だから全走破ってわけじゃないけど・・・。
c0006017_1037190.jpg

車のCMばりに、木がちょうど映りこんだが、
電線がじゃまだ・・・。

週末は来客やら飲みやら運動会やらあって、釣行なし。
眠くて、テレビすら観てない毎日。
どんだけでも寝れまっせ!
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-16 13:15 | つれづれなるまま

相模湾、これまで。

10/9 相模湾
7日の仕立てが台風の余波によって中止となり、
どうしたもんかと思案したが、月曜体育の日に
乗り合い船で、カツオ・メジをねらった。
c0006017_0385913.jpg


港に着いて船長に聞くと、今日は15人とのこと!
わちゃー、キャスティングなのに、おまつり必至か?
「でも釣り座はローテーションするから」とのことで、
なんとかなるだろ、船ついちゃえば、どこでも釣れるだろ、と
楽観していた。最初は胴に座った。

出船すると、思ったより海は波だっていた。
あまり沖には出ない様子。
しばらく行くと、トリがぼちぼち見え始める。出るかな?
船長がイワシをまくと、お、出た!
ミヨシでヒット・・・あらら、ペンペンシイラ。
そのあとトモでもヒット、うーん、こっちもペンペン。

両舷乗っているので、流しごとに付ける向きを変えているようだ。
き、器用な・・・。
何度かの流しでおとなりがヒット、カツオだ。1.5キロくらいのまあまあサイズ。
こちらは小さなイワシ団子の向こう側でヒットしたがバラシ。
うげ、イヤな予感。
散水に入るが、抜けが早く、連釣できない。
何度目かでこちらもやっとヒット、ドラグ鳴らずに上がってきたのは
ヒラソウダ。そのストライプを腹の方へ付け替えてくれ(苦笑)。
その後ペンペンのバラシを経て、ローテーション。
ミヨシチャーンス。
なかなかトリが見つからない。
今日は先週のようにはいかないようだ。
よさげな反応に、イワシをまくとハネ出した。
んが、ペンペンが多いようだ。
遠目に投げてヒット、小さいがようやくカツオゲット。

なかなか群れが見つからず、カッタクリの船団の周りなどチェック、
だがはまらない。
といってる間にローテーション。さようなら、ミヨシ。

トモに移ってからは、ミヨシ側で何度か散発的にヒットしたが
続かず、トモにはおこぼれなし。

最後にカンパチポイントでジギングをやったが、残念ながら
アタリなし。
キャスティングの後のジギングは、釣れなかっただけに、
モチベーションを維持するのがむずかしかった。
「ジギングはガマンの釣り」・・・ナットク。

13時をすぎて終了。
船中、3キロクラスが2本、あとは小さめとソウダがパラパラ、ペンペン適当。

今年の相模湾は、これで終了かな。
シイラはさしたる印象を残す釣りはできなかった。
カツオは、ミラクルの2.7キロがあったから良かったかな?
小さいながらもメジの数釣りを初めてできたのは良かったかも。
幼魚でもマグロはマグロ、笑われるのを覚悟で近所に配ったが、
思いのほか好評で嬉しかった。

さて、これからは湾口サワラチャレンジ。なんとか1本はとりたいぞ!
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-10 13:39 | ソルト

青にやられた

ドラマ「Dr.コトー診療所」の新作が始まる。
その前フリとして、今週から昼間に前作の再放送をやっている。
「北の国から」ラインのドラマとして(へき地自然と吉岡つながり??)、
好んで観ているのだが、
昨晩録画した第一話冒頭を観てやられた。

その海のなんと青いことよ!

いきなり気分は船上モードに入り、ルアーを整理したりし始めてしまった。
ああ、台風それてくれ!

PS. で、ドラマ新作では蒼井優が出るのだが、あまりにどんぴしゃの
起用でブルった。
蒼井優には岩井映画で(「リリィシュシュ〜」「アリス」)すでに
やられていたので、こりゃたまらん、てとこです。
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-04 14:26 | つれづれなるまま

メンテ

ここのところ体調もすぐれず、天候にも恵まれず、県内調査も行けず。
しょうがないので(?)リールのメンテで時間をつぶした。

ダイワのトーナメントX3000Cに12Lbナイロン巻いて、
船での小物キャスティングに使っている。
CRBB(防錆ベアリング)に交換し、ハンドルはSOM
(転んで曲げちゃったんで仕方なく替えたんだけど・・・)、
スプール&ドラグノブはFORCEに替えて「なんちゃって上位機種仕様」(苦笑)。

このリールのベールが調子悪く、時に勝手に戻っちゃったりするので
メンテに出そうと思っていたのだが、せっかくだからとベールアーム部を
開いてみた。

なんだかセメントの粉のようなものがバネ周囲に詰まっている。
ブレークリン吹いたらきれいになった。
こ、これって古いグリスか・・・!?
グリスアップして試してみたらすっかり元に戻った。

海釣り後、水洗いして外側からグリス&オイル注油していたのだが、
たまにはバラしてきれいにしないといけませんね。
[PR]
by tshr0905 | 2006-10-02 17:02 | つれづれなるまま