そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サワラ最終章

3/21 相模湾
相模湾のサワラ(サゴシ)が好調! の報を注意深く見守り、
今シーズンサワラをキャッチできていない我々は鼻息荒かった。
しかし・・・、ここまで「前日まではよかったんだけどねえ」に
何度も涙を飲んできており、はじめの予定日・18日は
夜まで悩みに悩んだ。
なんせ、火曜くらいまでは「船中100本!」「来るなら今!」のイケイケ
だったのが、金・土で「0-3尾」まで落ち込んできたのだ。
ダメもとで行くか、無理せず延期するか・・・
結局20時ころに「見送り」の決断。

ところがなんと、釣果が復活してしまったのだ!
わちゃー、ついてないときはこんなもんか。

どうしよう・・・。
21日(祝)がある・・・。
仕事はあるけど、午前船ならなんとかなる・・・。
しかも月、火とも釣果は持続している。

ええいままよ! と、平塚は浅八丸さんに初乗船となりました。
c0006017_246036.jpg


厚木インターからR129を垂直南下、平塚信用金庫左折をちょいと間違えたが
難なく到着。
受付するとすでに8名が左右のトモ、ミヨシをおさえていた。
ので、いつもの右舷ミヨシ寄りをキープ。ジギングだから大丈夫だろ。

出船間近になると、ルアー客は20人近くになったようで、急きょ2船に分乗。
片舷5名なら余裕があってよかった。
c0006017_2461056.jpg
途中よく見えた富士山

出船して20分くらい? 早くも船長は探索に入ったようだ。
平塚船の釣果、アドバイスから、「ピンク強し」「巻きはスロー、ミディアム」
など情報を得ている。

スタートして間もなく左舷の人がヒット! ドキドキしながら見守っていると、
おおまさしくサゴシ。細いけどちゃんと体側にサワラのまだら模様が見える。
俄然やるきマンマンに。

ミディアムテンポでワンピッチにしゃくっているようだ。
それにポーズも入れてみた。
数流し目にグイッとアタる。おお、いるいる。
その後、シャクっているとゴン! やたっ!
テンションかけて巻いてくると、おおー、まさしくサワラ。
リーダーつかんでぶっこ抜く。会いたかったよ、イトシノサワラタン。

キモはポーズにあった。
ワンピッチで3-5回シャクってポーズ、それを繰り返すと
ラインがふける、そこであおるとゴン!
しばらくはまって連発した。
ポーズを入れるとおとなりもヒット。
今回はこれが大いにはまった。

小さくてもサワラはサワラ、バラシた後にルアーをチェックすると、
フロントにつけたアシストフックがぶっちぎられていた。
c0006017_2463614.jpg
10号リーダーも一度切られた。
アタリがあった後にリーダーをチェックすると、
しっかりささくれていた。

さらにクライマックスは待っていた(笑)。
小フィーバーもおさまり、それでもポツポツ釣れ続け、
なんとか10本とれて心にも余裕が。
皮あぶって刺身、味噌づけもやってみよ☆なんて思っていると
ゴゴン! お、ちょっとデカイか? いや、食いそこねのスレでしょ、
と思いつつ上げてくると・・・・あれ? うお!けっこうデカイじゃん!
長いじゃん! マダラじゃん(バカ)。
船長が用意してくれたタモに・・・あららはみ出る!
ドラグ鳴らして急潜行、これだよこれ、ひーエクスタシー(バカ2)。
急いで大ネットに替えてもらって、なんとかネットイン。
ここまでのサゴシとはふた回り、いや三回りくらい違う大物ゲット!
量ってみたら2.7kg。全長73cm。
りっぱなサワラじゃないすか!!
アゴにファールフックだったが、20Lbラインクラスの日本記録(3.06kg)に
あとわずかのビッグワン、ほんとに来て良かったよ(泣)。

先日のタチ半日船はアッという間の爆沈だったが(苦笑)、
この日はサワラ含む12尾の釣果で、
半日割引料金(5700円)にしては大満足の釣りになりました。
c0006017_2462344.jpg
おとなりが釣ったホウボウ。いいなあ。

サゴシは近隣におすそ分け、サワラは家族で炙り刺身、
ほんのり甘みがあって、やっぱサワラうめー。
さらに味噌漬けにして焼いたサゴシも激ウマ。
なんとか笑顔でサワラチャレンジは終了となりました。

秋にまたお会いしましょう、マダラ模様のナイスガイよ!
c0006017_18164320.jpg

[PR]
by tshr0905 | 2007-03-26 16:07 | ソルト

透視メガネ!?

3/15 さいたま
時間が少々あり、今晩は曇りだが風もなく穏やかだったので、
遅い晩飯をとってから出撃。
今宵はNIGHT WALKERのzuunamaさんの実績を鑑みて、
植物や障害物のありそうなポイントを思い出して探索することに。
MA川市内域なら、そういうポイントがあったような・・・
堰上流到着。ここはバスが釣れちゃったポイント、
ヘラ台も作られているところ。ここなら・・・・・

あれ? 草むら・・・・・水がない。そうとうない。
以前の川岸から今の水は数百m先・・・。

しょうがないのでさらに上流、PE8号さんが太いナマズやライギョを
釣ったという流れこみ。

あれ? 低いところにコンクリの堀が・・・・水がない。

そうでした。備忘Logの羽ぴょんさんが、
「MA川は冬の間は水がなくなる、田んぼが始まるころに水が戻る」と
言われてたような気が・・・。

驚きました。昨年冬シーズンはこちらへは来なかったので、
まさかここまで減水するとは知らなかった。
まあおかげで、岸際の地形をくまなく見させてもらったわけで。
イリュージョニストに「透視メガネ」をかけさせられた気分でした。
水が入った暁にはこれでばっちりか!?

帰り道にA川ちらりとチェックして何事もなく終了。
ううむ、ナマ様はどこでオレ様を待ってるの??
[PR]
by tshr0905 | 2007-03-16 12:08 | ナマジー

ナマラー出撃!

3/9 さいたま
さて、暖冬ゆえに、地元河川でもそろそろコイが動き出した。
ということは、ナマ様も?
2007年初ナマズ行ってきました。
昼間の下見でコイの存在は確認したが、さて。
初めてのポイント、明かりもそれなりにあり、
魚がたまりそうな箇所もそれなりに予想できるが、
やっぱ今後草が生い茂ると立ち入るのが難しいか?
今年も鎌持参です。オヤジ狩りにも負けません(おいおい)。

とまあ、予想通り反応はなし。
でも月末には出るでしょう。
さいたまナマラー(東部)のみなさん、情報よろしくです。
[PR]
by tshr0905 | 2007-03-12 10:56 | ナマジー

そろそろ結果を・・・!

3/2 東京湾
ようやく釣果がポツポツ出始めた東京湾サワラ。
相模湾、鹿島のサゴシとは違う、3-4キロの「寒サワラ」が中心の
釣ってよし、食べてよしのぜひとも釣りたいターゲット。

昨シーズンは爆釣を連発させたおなじみの第一稲荷丸さんに乗り込む。
翌土曜はチャーター、翌々日曜はお休みとあって、
年度末ゆえ、有休消化と理由をつけて(爆)
金曜平日チャレンジとなった。

しかしこちらは2人、ダメもとで予約入れておいたら
「釣らせてあげたいからねえ、出船しようよ!」と、ありがたいお言葉。
船長の心意気に、なんとか釣果で応えねば!

6時前に出船、まずは時合待ちもあって、タチウオねらい。
前回午前船でやっちゃってる(爆)ので、
とりあえずは何本かとりたいぞ。
反応は悪くない模様・・・と、となりでヒット、
トモの仲乗りさんもヒット、
こちらもようやくヒットしてまずは1本確保。ひさしぶりだったね、タチ様。
となりではバラシ連発、かかりが浅いのか?
こちらはアタリが来ない。シャクリが合ってないのか?
と、なんだかもたれかかるような手ごたえ、で、ヒット。
上げてきたらそれはスルメイカ! お土産にはいいやね。

トモでははまる時間があったが、こちらはアタリ数回のみ。
定番のパープル神話がくずれつつある。
今日のヒットカラーはオレンジ。

お土産確保したところで、いよいよサワラ探索開始。
反応はイマイチのようで、潮目やブレイクラインを流していくことに。
着底してふた巻きしたくらいでティップが曲がる、お、やったか?!
ドキドキしつつも、引きはあまり重くない。サゴシか?
上がってくると、おろ、根魚系? フグ? 肌は唐草模様のよう。
顔はミニあんこうのような上向きしゃくれアゴ。 ???
船長にも魚種が判別できない。
メールで調べてもらったら、「ミシマカサゴ」という種らしい。
へええ、珍魚だが、まあ食えるようなのでこれもいいお土産に。

さてカンジンのサワラは見つからず。
斜め引きで探っていると左舷で鋭いヒット!
(つづく)
[PR]
by tshr0905 | 2007-03-06 13:56 | ソルト