そこに魚がいる限り!


by tshr0905
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

相模湾キハダ祭り最終章

10/11
c0006017_2382146.jpg

とうとう釣れました、相模湾キハダマグロ。27.0kg(長井水産にて解体前に計量、
血抜きせず)。
フィッシング・カレッジフィッシュアンドフィンズとの
合同例会に参加、さすがにこの夏、関東・東海の釣り人たちを舞い上がらせた
相模湾キハダマグロも、さすがにラストチャンスか?と、
ダメもとで、いつもの長井漆山港の青木丸さんに乗船。
たまに雨がポツポツ降るようなビミョウな天気、でも風がないのが救い。

だんだん鳥が集まり出してきた。ハネが出たが予想どおりサバ。
お次はペンペンシイラ。
うーん、鳥はいい感じで集まりつつあるのだが、ナブラも一瞬、
ハネは視認できない。
「カツオだ」という船長の声に臨戦態勢となるが、ううむ、
食わない、届かない。

移動すると「マグロだな」と船長ポツリ。
どうやら海面には顔を出さないが、下にはいるようだ。
トップには反応なし。鳥が釣れるのみ(涙)

と! 僚船の青木丸で掛けてる!!
うお! 奥山Jr.の勇樹くんじゃない!?
前回1時間の格闘の末、サメを浮かせた大器、キハダなのか?!
ミヨシでルアーを投げていると・・・・
トモでヒットーーーーーーーー!
北関東のフライマン・シバタさんのGTロッドが美しい弧を描いている。
キハダだ!

ううむ、掛かったのは喜ばしいことだが、正直言ってめちゃくちゃ悔しい。
やっぱオレもすかさず泳がせ釣りにチェンジすべきだったか・・・。
しばし戦況を見つめる。ちょいとイワシを泳がせたりしたが、シバタさんが
ミヨシに回ってきたので、上着を脱がしたり、サポートに回る。
やりとりを見守っていると「トモでひとりできるよー」と
船長の声! おし! すかさず走ってトモを陣取る。
マグロ対応タックル(すでにエサバリ仕掛け)にイワシつけて投入、
うまくシューーっと潜って行った。いいぞ!

パラパラパラっ・・と勢いよくラインが出ていく。
ん?と思う間もなくシューーーーっと勢いが増す。

食ったか?

ベイルをかえすと「ビーーーーーーーーーッ」ドラグが高音で鳴る、

く、食った!

「ヒットーーーーーーっ!」
これからがいよいよ格闘だ。ていうか、サメじゃなくてマグロ様で
ありますように・・・。
150mほどラインが出て、魚の動きが鈍くなった。
前回は仲間のラインを300m出したあげく、手元でタガ切れさせた
ものすごいパワーを見せつけられたので、
ドラグはいじらず、ドラグを鳴らしながら少しずつ巻き取ることに。
シバタさんがトモに移ってそろそろエンディングか?というころ、
こちらは後を追うようにミヨシへ移動。ミヨシに座って格闘再開。

と、抵抗がなくなり、スルスルスルと巻ける・・・うお!バレたか??
高速で巻くと、グングン・・・・プフー、まだ付いてた。
上に向かって泳いだのか?アブねえアブねえ。
そんなスルスル巻きが3回くらいあり、残り50mくらいまでこぎつけた。

ハッと思ってリールに水をかけると「ジューーーッ」(と言ったような気がした)
ものすごい摩擦で、熱を持っているのだ。

トモでシバタさんがとうとうゲット! で、でけえ!

あれがオレにも掛かってるのか?
ふと3回ほどのスルスル巻きが気になった。
今は出されもしなければ巻けもしない
・・・・さ、サメなのか?
半信半疑になりながらもラインは下方へ引かれて
シバタさんと同じように反対の大ドモに。

あと10mくらいか?
その時

ギラリン

「キハダだっ!」

疲労困憊、立ってるのもシンドイ状態にひと筋の清涼剤のような喜びが!
おしゃ、もう少しだ。もうちょっとだ。

キハダは大きく旋回を始めている。シイラのランディング前の
旋回が思い浮かばれる。

思えばここからが長かった。
先に獲ったシバタさんがあれこれと奮い立たせてくれようと
声をかけてくれるが、こちらも極限状態、
普段の不摂生が祟り、もう腰は立たない、腕も上がらない。
キハダは横になっているのに、
こちらも巻ききれない。
リーダーが出たかと思うと、ギャーーーっと10mほど出される。
その繰り返し。
永遠に上がらないんじゃないの????

どうにもならないとギブ、平岡さんにヘルプお頼み。
5分ほど休ませてもらい、さああ、と戻る。
「もう尾びれも動いてないから大丈夫だよ」
1回まわし、2回、3回、4回、で、水面・・・ネット・・・イン!
無事、キハダマグロゲット!

港近くの長井水産で計ったら27.0kg(シバタさんのは27.9kg)!
感無量です。
サクにしてもらい、同乗者の方々におすそ分け。
ホールインワン賞じゃないけど、1時間(シバタさんと続けてだから
合計2時間)も、サポートアンドギャラリーでしたから。
こちらも気分がいいです。

というわけで今年のキハダ祭りは大団円となりました。
来年はルアーで釣りたいぞ!
[PR]
by tshr0905 | 2008-10-13 23:23 | ソルト

リンク追加

ナマラーつながり、いずみさんのブログをリンクさせていただきました。
こ、濃い世界です。
でも、思わずホロリともさせられます。
カマキリジャンキー
[PR]
by tshr0905 | 2008-10-10 11:40 | つれづれなるまま